MONSTA Xの“ファッションテロリスト”なメンバーは?「スターロード」でバラエティセンスを発揮(動画あり)

OSEN |

写真=「スターロード」放送画面キャプチャー
MONSTA Xが「スターロード」で、バラエティセンスを発揮した。

MONSTA Xは28日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」のOSENチャンネルを通じて公開された「スターロード」に登場し、「カムバックを記念して、再び『スターロード』に出演することになった。昨年楽しく遊んだ記憶があるので、今回も皆で楽しい時間を過ごそうと思う」と伝えた。

MONSTA Xは、「楽しむことができるコーナーを準備した。のど自慢からクイズ、モクバン(美味しそうにたくさん食べる番組)まで、様々なコーナーを披露する予定だ」とし、期待を高めた。

まず、MONSTA Xは、「MONSTA Xが解くMONSTA Xクイズ」のコーナーをスタートさせた。「『FANTASIA』に最もぴったりのメンバーは?」という質問ではショヌとミニョク、ジュホンがそれぞれ2票ずつ獲得した。メンバーたちは「ミニョクは『FANTASIA』らしい顔をしている」「ショヌは真ん中にいたらダンスをすべて飲みこんでしまう」「ジュホンのパートが強烈だ」と説明した。

最愛の曲についての質問では、「STAND UP」が選ばれたが、ショヌは一人だけ「ZONE」を選んだ。メンバーたちは「『STAND UP』をよく聴きながら練習するけれど、すごく楽しくて負担がない。自分がまるで乳幼児に戻った気分だ」と理由を説明した。

MONSTA Xの“ファッション・テロリスト”には、キヒョンが選ばれた。キヒョンは「僕が選ばれると分かっていた。自尊心を捨てて多数に合流するよりも、少数の道を選んだ」と主張した。

MONSTA Xは、撮りたいCMとしてスーツ、通信社、携帯電話、チキン、餃子、自動車を選んだ。意見はまとまらなかったが、MONSTA Xは「僕たち、すごく息が合う」と自画自賛して笑いを誘った。

クイズの結果、ショヌが最下位になった。ショヌは“インサ(インサイダーの略語で、人気者という意味)アイテムセルフショット”の罰ゲームを受けることになり、もみあげが付いているサングラスをかけてお茶目なポーズで笑いを誘った。

記者 : チャン・ウヨン