タイガーJK、新型コロナウイルスの影響で…妻のユン・ミレと離れ離れに「ロミオとジュリエットみたいだった」

Newsen |

写真=Feel Good Music
タイガーJKが自身の一番得意な音楽で、世界中に拡大している新型コロナウイルス撲滅に乗り出した。

5月26日、タイガーJKは「審査に通らない愛の歌(Clean ver.)」「Kiss Kiss Bang Bang(Dirty ver.)」を各音楽配信サイトに公開した。

2曲はタイガーJK、ユン・ミレ、Bizzy、BiBiなどのFeel Good Music所属アーティストたちが披露する新プロジェクト「Feel Ghood Jams」の始まりを告げる楽曲で、「Feel Ghood Jams」は“誰でも自由に”というテーマで、ジャンル、アーティストなどコラボレーションに制限を設けない参加型の音楽プロジェクトだ。

「審査に通らない愛の歌(Clean ver.)」「Kiss Kiss Bang Bang(Dirty ver.)」は、メロディーは穏やかだが、歌詞は荒っぽく殺伐である。かつて、Drunken Tigerで活動していた時代に発売した「審査に通る愛の歌」というタイトルとも関連性を示す。

タイガーJKは、タイトルを決めた背景について「フィルタリングせずに、溢れ出る情報が始まりになった」と紹介した。彼は「SNS、色んなメディアなどで、とんでもない情報が溢れて紛らわしい状況だ。典型的な情報を言っても、下手するとアルゴリズムによってブロックされる場合があった。愛も重要な情報だが、肝心のその話をする時に審議に通らないこともある。そんなことを逆説的に表現してみた。ソウルフルなメロディーに強い歌詞を通じて、もっとメッセージに力を入れたかった。強弱が共存するものにしたかった」と曲の意図を明かした。

この曲は、ソーシャルディスタンスで人と人が、遠く離れていなければならないもどかしい気持ちを表した楽曲だ。最近、アメリカに行ってきたユン・ミレと、新型コロナウイルス感染拡大のため離れていなければならなかったタイガーJKの率直な思いが垣間見える。

彼は「ユン・ミレが先に海外に出て、その後に僕がついていく日程だったが、その間にパンデミック(世界的大流行)の宣言が出た。僕も行くことができず、ミレも帰って来れなくなって、ロミオとジュリエットのような状況が続いた。ストレスのせいで鋭敏になって、もどかしいから素直な歌詞が出た。他の作業では、最後に他の表現を探してみたり整えたりする作業をするが、今回はあえてカッコよく表現しようとせず、ありのまま素直に書いた」と説明した。

今回の新曲は、収益金の全額が新型コロナウイルス寄付金として渡される予定である。タイガーJKは、曲が持つ趣旨を考えて、撮影スタッフも最小限に抑えた。その過程で、妻のユン・ミレが直接ミュージックビデオを撮影した。

タイガーJKは「パンデミック状況で、それによる寄付プロジェクトであるのに、逆にスタッフをたくさん作るのは矛盾だと思った。だから、ミレがコンテも作成してロケーションにも行った。ある意味、ミレの監督デビュー作である。ミュージックビデオも携帯電話で撮ったものだが、結果を見て僕も驚いた。色合いやアングルもすごく良い。ミレは照れて隠れたがっているけど、僕はもっと自慢したいほど満足している。事務所の人々やファンも驚いた」と賞賛した。

SBS「ザ・ファン」に一緒に出演したTWLVは、フィーチャリングで今回のプロジェクトに参加した。TWLVの声が持つ魅力を強調したタイガーJKは、「寄付プロジェクトに関連して偏見を持つ方もいたし、提案をしたときに連絡を切った後輩もいた。TWLVは、プロジェクトの意図をすぐにキャッチして、苦労して音楽を作ってくれた。おかげでもっと良い曲に仕上がったと思う」とし、感謝の気持ちを表した。

現在、新型コロナウイルスの影響で多くの人々が生計の危険と戦っている中、タイガーJKもいくつかの公演が中止となって大きなダメージを受けている状況だ。歌手として、事務所の代表として二重の苦しみを経験している彼は、「今の状況をありのまま受け入れよう」という結論を下した。

タイガーJKは「実はダメージが本当に大きい。在宅勤務を4ヶ月以上しているし、公演を中心に活動していた状況であり、最初はパニック状態だった。とにかくヒットさせて起き上がろうというものではなく、今の状況で僕たちにできることをして、忍耐と維持できる力を育てようと思う。現在の状態を保てるだけでも、今年は祝福だと思っている」と打ち明けた。

最近、タイガーJKは今回の音源のほかにも、アパレルブランドとのコラボなど、様々な方法で新型コロナウイルス撲滅関連プロジェクトに参加した。彼が新型コロナウイルス事態に関連して声を上げたのは、決して社会に対する苦言または意識のある人みたいに包装する意図ではない。

一緒に暮らしている義母と息子の同年代に言及して、新型コロナウイルス問題を肌で感じていると明かしたタイガーJKは、「ただ多くの人々が新型コロナウイルスに対する警戒心を持って、一緒に考えて見ることができる場を作ってみたいと思った」と明らかにした。

彼は「もちろん韓国は上手に対応したほうだと思うが、それでも相変わらず厳しい状況にいる。一方で、一部の放送やビジネスをするときは、まるでこのような状況が起きていないかのように表現しようとして、その間にギャップが生じているように思う。最初は、事が大きくなりすぎるんじゃないかという懸念の声もあった。音楽は音楽通りにして、その他については今年までだけでも、新型コロナウイルスについて話すことができる仕掛けを設けたかった。様々な人が力を合わせて、皆が注意しなければならないということを説得したい」と説明した。

モバイルゲーム収益金の寄付から、今回の「Feel Ghood Jams」初の音源まで、3回の寄付音源をリリースしたタイガーJKは、一緒に働くスタッフに対して責任を取らなければならない現実とアーティストの善良な影響の間でバランスを取りたいという願いを表した。

彼は「自己満足のために、とんでもないパフォーマンスアートをするというわけではない。音楽が後でゴミになってはいけないし、何か役に立つものになりたい」とし、「昔から『孤独な人々を癒す音楽をしたい』という目標があった。子供がいるからなのかもしれないが、このプロジェクトも新型コロナウイルスで大変な思いをしている人々を助けたい気持ちから出発した」と強調した。

記者 : イ・ハナ