日本人で初!シンガーソングライターPALU、新曲「Limit(Korean Ver.)」が韓国映画のOSTに抜擢

KSTYLE |

日本のシンガーソングライターPALUの新曲「Limit(Korean Ver.)」が、韓国映画「特殊要員:コードネームP-69」のOST(挿入歌)に抜擢された。

PALUの自身初の日韓ダブルタイアップ作品となる新曲「Limit(Korean Ver.)」が、本日(28日)より主要音楽サービスからストリーミング配信及びダウンロード配信をスタートした。

この楽曲は、世界的に話題となった南北首脳会談の日(2018年4月27日)に起きた出来事を、フィクションとして描いた話題の韓国映画「特殊要員:コードネームP-69」(7月より韓国にて公開予定)の挿入歌として抜擢された。

所属事務所を通じて韓国側の映画関係者に楽曲が渡り、PALUの歌声や楽曲の世界観を気に入ったというプロデューサーから、直々のオファーを受けて起用となった。

2016年にデビューして以来、映画のエンディングテーマへの楽曲提供や、J-WAVEでのレギュラーパーソナリティーをこなすなど、マルチに活躍してきたPALUにとって、今回初めての海外映画作品とのタイアップとなった。

また、同時に日本でもフジテレビ系音楽番組「Tune」の5月度エンディングテーマにも使用されており、本作は日韓ダブルタイアップ楽曲となった。

近年では、アカデミー賞を受賞した韓国映画「パラサイト 半地下の家族」や、韓国ドラマ「愛の不時着」など作品力に定評がある韓国映像作品のなか、日本人歌手のオリジナル曲が韓国映画の挿入歌に採用されるのは史上初である。

本作の韓国語バージョンは、彼女が書き上げたオリジナル「Limit」の歌詞を韓国語訳にしたものである。また彼女は「暗闇の中で、魂の奥底から吐き出す事が出来る歌詞の中には、私自身の全てが詰まっています。そこに共感して下さる方や、想いをリンクさせてくださる方がいるなら、本当に嬉しく思います」と語った。

韓国語版となる新曲「Limit(Korean Ver.)」は、本日より随時配信開始され、6月には「Limit(日本語オリジナル版)」がリリースされる予定だ。さらに7月には、ニューシングル「Limit」、また11月には「Limit」を含む全12曲が収録予定のニューアルバムもリリース予定となっている。

新たな時代の幕開けに落とされたPALUの世界観は要チェックだ。

■リリース情報
PALU「Limit(Korean Ver.)」
2020年5月28日(木)配信スタート
※主要音楽サービスからストリーミング配信及びダウンロード配信がスタート

■関連サイト
PALU オフィシャルサイト:https://otosen.co.jp/artists/PALU

記者 : Kstyle編集部