新人ガールズグループWeeekly、初リアリティ番組を公開…Apink パク・チョロン&ユン・ボミも出演(動画あり)

OSEN |

写真=Play Mエンターテインメント
Play Mエンターテインメントが10年ぶりに披露する新人ガールズグループWeeeklyのデビューリアリティ番組の第1話が公開された。

1theKは27日、公式YouTubeチャンネルなど通じて、Weeeklyの初のリアリティ番組「Play M 新人開発チーム(以下、「新人開発チーム」)」第1話を公開した。

「新人開発チーム」は、所属事務所の地下に内緒で存在する新人開発部署をコンセプトに、人々が最も近い視点からweeeklyのデビュー前のトレーニング過程を見守ることができるように企画された、新概念のデビューリアリティ番組だ。

この日公開された第1話では、アイドルの心得を身につけるためにミッションが与えられたWeeeklyメンバーたちの様子が描かれた。Weeeklyは地下室にある謎の新人開発チームから渡された「スパルタ式集中コース」を通じて、メンバーそれぞれの個性を生かした小物を使う“プロフィール撮影”から、絵文字を完璧に再現する“カメラテスト”、写真撮影に備えた“ハイファッション表現力”など、前例のない過酷なトレーニングを受けて、隠していたバラエティセンスとともに純度100%ピュアな魅力をアピールした。

Weeeklyのデビューリアリティは、第1話から好評を得ている。特に映像の終盤に公開された第2話の予告編では、所属事務所の先輩Apinkのパク・チョロンとユン・ボミが番組の“人気講師”として出演し、後輩Weeeklyのための厳しいトレーニングを予告して、期待を高めた。

Play MがApink以降、約10年ぶりにローンチする7人組ガールズグループWeeeklyは、「毎日新しく特別な一週間をプレゼントする」というキャッチフレーズをもとに今年6月にデビューを控えている。これに先立って公開されたキャラクターフィルムとNAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」放送などが高い再生回数を記録して、話題を呼んでいる。

Weeeklyのデビューリアリティー番組「新人開発チーム」は、毎週水曜日の午後8時に1theKの公式YouTubeチャンネルとMelOn、Kakao TVなどを通じて4週間に渡って放送される。

記者 : シム・オンギョン