B1A4 サンドゥル、デジタルシングル「怠け者な僕」予告映像公開…新曲に込められた思いとは

MYDAILY |

写真=WMエンターテインメント
B1A4のサンドゥルが、癒しの曲でカムバックする。

サンドゥルは本日(27日)午後6時、新曲「怠け者な僕」をリリースする。

サンドゥルの「センガクジプ(考えの家)」シリーズの最初の曲「怠け者な僕」は、サンドゥルの自作曲だ。忙しさで息つく暇もなく過ごすドライな現実で、何もしたくない心情を日記に書くように綴った歌詞が印象的だ。生きること自体に忙しく、生活の中で重要なものを見逃していないかに対する自身の答えを見つけることができる“ヒーリングソング”になる見通しだ。

サンドゥルは所属事務所のWMエンターテインメントを通じて「生きていながら、何もせずにただじっと寝てるだけでいたいと思う時がありませんか? そんな僕たちの話をしたいと思いました。何もしたくないが現実はそうすることができないということを分かっているので、怠惰な自分が嫌だと感じてはいますが、時には日常を止めて、何も考えずにいたいと思う時です。『現在の僕の気持ちをありのまま受け入れて、休むのもいいんじゃない?』という気持ちを込めてみました」と、新曲「怠け者な僕」を紹介した。

サンドゥルは本日27日、B1A4の公式SNSチャンネルを通じてデジタルシングル「センガクジプ」シリーズの最初の曲「怠け者の僕」のスポイラー(ネタバレ)を収めた予告映像を公開して注目を集めた。

公開された映像は、サンドゥルの家で撮影されたもので、サンドゥルがまだ眠りから覚めないかのように目をこすりながら窓際に座って、「怠け者の僕がとても嫌だ。勤勉な僕になりたい。しかし、思うようにうまくいかない」と、新曲「怠け者の僕」の一部を歌っている。

特に映像の終盤にオーバーラップされて流れてくる声は、先立って公開されたサンドゥルの作業日記が作成された2019年9月29日に携帯電話に録音した最初の音源だということが分かった。まだ完全には整えられてはいないが、曲を書いた時のサンドゥルが感じたことと思考がそのまま曲に溶け出し、今回の新曲への期待を高めている。

記者 : ミョン・ヒスク