CHEEZE、ドラマ「オー・マイ・ベイビー」OSTに参加…「Raindrops」本日発売

OSEN |

写真=Music & New
シンガーソングライターCHEEZEが、tvN水木ドラマ「オー・マイ・ベイビー」のOST(劇中歌)に参加した。

本日(27日)午後6時、各音楽配信サイトを通じてCHEEZEの「オー・マイ・ベイビー」3番目のOST「Raindrops」が公開される。

「Raindrops」は、心の成長痛を経験する全ての人々のための歌で、温かいギターサウンドとピアノをベースにしたミニマルな構成と、CHEEZEの感性的な声で慰めと応援を送る。温かいメロディーとCHEEZEの愛らしい歌声がリスナーを癒すと期待される。

この曲は「夫婦の世界」「SKYキャッスル」「ストーブリーグ」など、話題のドラマOSTと共にWanna One、GOT7のアルバムに参加し、幅広い活動を繰り広げている作曲家チョン・ソンミンと、「VIP」「医師ヨハン」など、様々なドラマのOSTで自身の音楽的特色をはっきりと見せるアーティストSafira.K 、ハン・スソク、Earriorが参加した。作詞はK.will、チョンギゴ、Wanna One出身キム・ジェファン、ホ・ガクなど多くのアーティストのアルバムとOSTに参加し、感性的な歌詞で認められているハナが担当した。

写真=MAGIC STRAWBERRY SOUND
CHEEZEは2011年、デジタルシングル「Home Alone」を通じて本格的に活動を始めた。その後、温かく愛らしい音色でリスナーの耳を魅了し、“音色の女神”としての地位を固めた。最近、新しいミニアルバム「I can't tell you everything」をリリースし、タイトル曲「今日の気分」で音楽番組などで精力的に活動している。

この他にも「Madeleine Love」「Mood Indigo」「How Do You Think」など多数のヒット曲で着実に人気を博しており、ドラマ「ボーイフレンド」「愛の温度」「怪しいパートナー」など多数のOSTに参加し、ドラマの没入感を高めた。

tvN水木ドラマ「 オー・マイ・ベイビー」は、「結婚はせずに子どもだけを産みたい」という率直で堂々とした育児雑誌の記者チャン・ハリと、遅れて彼女の目にとまった3人の男性の“授かり必須ロマンス”で、韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時50分より放送されている。

記者 : シム・オンギョン