ユ・ヨンソク、映画「モンムンイ」に出演決定…愛犬との別れ描くヒーリングストーリー

Newsen |

写真=キングコングby STARSHIP
ユ・ヨンソクが映画「モンムンイ」に出演する。

ユ・ヨンソクが所属するキングコングby STARSHIPは26日、「ユ・ヨンソクが映画『モンムンイ』でミンス役を演じる。愛情と関心を持って見守ってほしい」と明かした。

映画「モンムンイ」は、「ミッドナイト・ランナー」と「ディヴァイン・フューリー/使者」の演出を手掛けたキム・ジュファン監督の作品で、家族同然の愛犬と別れることになった2人の男性が、新しい飼い主を探すための旅に出て自らを振り返り、成長する物語だ。

ユ・ヨンソクが演じるミンスは唯一の家族である愛犬ルニと別れなければならない人生最大の難関に直面し、自ら新しい飼い主を探す旅に出る人物だ。

これまでユ・ヨンソクは、作品ごとに個性的なキャラクターを演じ、幅広い演技を披露してきた。また、映画「鋼鉄の雨2:首脳会談」「新年前夜」の撮影を終え、公開を控えており、今年の映画界での活躍に注目が集まっている。そんな彼が最近、ミュージカル「ウェルテル」に続き、映画「モンムンイ」にまで出演を決め、ファンに嬉しいニュースを伝えた。

最近、ユ・ヨンソクはtvNドラマ「賢い医師生活」で小児外科教授のアン・ジョンウォンに扮し、繊細な演技と優しい魅力で視聴者を魅了している。それだけでなく、共演俳優と特別なケミ(ケミストリー、相手との相性)を誇ってきた彼は、「モンムンイ」で子犬との共演を通じてヒーリングストーリーを披露する予定であり、より一層期待が高まっている。

映画「モンムンイ」は、6月にクランクイン予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ