韓国ドラマのディープな世界をお届け!6月の衛星劇場は「謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~」「安いです!千里馬マート」「シークレット・ブティック」などマニア必見の話題作をたっぷりと!

KSTYLE | |PR

謗法~運命を変える方法~
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
6月のCS放送局「衛星劇場」では、「韓国ドラマのディープな世界」と題し、日本では定番となっているラブコメやメロドラマや時代劇とは一線を画す、韓ドラマニア必見の話題作3本を日本初放送することが決定。

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホ監督が初めてドラマ脚本を手掛け、「パラサイト 半地下の家族」に出演したチョン・ジソが主演したスリラー「謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~」、脱力系コメディ「安いです!千里馬マート(原題)」、女たちのパワーゲームを描いた「シークレット・ブティック(原題)」など、いずれも韓ドラファンを唸らせるクセが強い作品ばかりとなっている。

謗法~運命を変える方法~
(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
まずご紹介するのは、「愛の不時着」「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」「シグナル」などの大ヒットドラマを生み出してきた制作会社スタジオドラゴン制作によるスリラードラマ「謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~」。

漢字の名前、写真、所持品で死に至らせる呪いの能力“謗法(ほうぼう)”を持つ10代の少女と、正義感あふれる社会部記者がIT大企業の背後に隠された巨大な悪に立ち向かう姿が描かれる。呪いの能力を持つ少女を「パラサイト 半地下の家族」で金持ち一家の長女を演じたチョン・ジソが、髪をバッサリと切りイメチェンして臨み、相棒となる社会部記者をベテラン女優のオム・ジウォンが演じた。

本作は、映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」のヨン・サンホ監督が初めてドラマ脚本を手掛け、演出を映画「ファイティン!」のキム・ヨンワンが担当。不気味な映像と“呪い”や“巫女”などオカルト的要素が満載ながら、呪いという悪魔のような力で本当の悪を倒すという設定自体がアイロニーな作りとなっていて、さすがヨン・サンホと思わせるストーリーが展開する。

6月12日(金)夜11時からはドラマの見どころを紹介する番組「謗法スペシャル~謗法にあう方法~」も放送するので、ドラマの予習もバッチリ。ドラマ本編の放送は6月19日(金)夜11時からスタートする。

安いです!千里馬マート(原題)
(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
6月9日(火)からは大ヒットWEB漫画が原作の脱力系コメディ「安いです!千里馬マート(原題)」を日本初放送する。大企業・大馬グループの“島流し先”と言われるマート「千里馬マート」を舞台に、そこに左遷されたエリート理事や「千里馬マート」店長らが繰り広げるエピソードが、シュールかつコミカルに描かれ、突拍子もないストーリー展開やとんでもないキャラ設定が見どころだ。

原作となったWEB漫画は、累計再生回数11億回という記録を作った大ヒット作品で、ドラマ化にあたり「この漫画の映像化は無理があるのでは?」という懸念の声もあったが、放送が始まると「原作とのシンクロ率100%!」と絶賛の声が上がった。ヒマワリの被り物をした主人公の姿が話題を集めたり、マートの社員として採用された謎の部族「パヤ族」による中毒性のあるダンスはちょっとした流行にもなった。

安いです!千里馬マート(原題)
(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved
「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」のキム・ビョンチョルが大馬グループ会長の右腕と呼ばれながらも、ひょんなことから左遷されてしまったエリート理事を好演。「千里馬マート」の店長を「自己発光オフィス~拝啓 運命の女神さま!~」のイ・ドンフィが演じた。

その他、ベテラン俳優のイ・スンジェ、「あなたが憎い!ジュリエット」のチョン・ヘソンらが出演。そして、元MOMOLANDのヨンウが本作でドラマデビューを果たしたのも注目だ。

シークレット・ブティック(原題)
(C)SBS
6月22日(月)からは「私の名前はキム・サムスン」のキム・ソナの主演最新作「シークレット・ブティック(原題)」がスタートする。本作は、女たちの権力・復讐・生存というパワーゲームを描き、“レディース・ノワール”と表現されるほどの火花を散らせる女同士の戦いが話題となったスリラードラマだ。江南の銭湯のアカスリ師から、財閥一族の下女となり、政財界の裏の権力者に生まれ変わった主人公ジェニー・チャンが、財閥一族の女帝の座を狙う心理戦が描かれる。

シークレット・ブティック(原題)
(C)SBS
キム・ソナがベールに包まれたブティック「Jブティック」の運営者であり、上流層の問題を隠密に処理する影の権力者、ジェニー・チャンを演じており、“コメディの女王”とは違うクールな役柄を好演。またブティックのオーナーという役柄だけに、劇中でキム・ソナが身につける華麗な衣装の数々にも注目だ。

ジャスティス(原題)
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2019 KBS. All rights reserved
雲が描いた月明り
Licensed by KBS Media Ltd. (C) Love in Moonlight SPC All rights reserved
6月はアンコール一挙放送も熱い!6月1日(月)からはチェ・ジニョク主演の「ジャスティス-復讐という名の正義-」、6月12日(金)からはパク・ボゴム&キム・ユジョンの大ヒットラブコメ時代劇「雲が描いた月明り」がスタートする。この2作品は1ヶ月の視聴料でイッキ見するチャンスだ。

ノクドゥ伝(原題)
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2019 KBS. All rights reserved
6月25日(木)からはチャン・ドンユン&キム・ソヒョンの話題作「ノクドゥ伝(原題)」を早くも一挙放送することが決定した。

さらに、6月28日(日)夜9:30からは、7月からスタートするパク・ミニョン&ソ・ガンジュン主演のヒーリングドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」の第1話を先行放送する(スカパー!、J:COMをはじめとする一部ケーブルテレビ局では第1話を無料放送)。6月も韓国ドラマファン必見の話題作が続々登場する衛星劇場を要チェックだ。

天気が良ければ訪ねて行きます(原題)
(C)Jcontentree corp. all rights reserved


「謗法(ほうぼう)~運命を変える方法~」
放送日時:6月19日(金)放送スタート
毎週(金) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全12話

出演:オム・ジウォン、チョン・ジソ、ソン・ドンイル、チョ・ミンス、チョン・ムンソン、キム・ミンジェ、キム・イングォン、イ・ジュンオク、コ・ギュピル
演出:キム・ヨンワン / 脚本:ヨン・サンホ

「安いです!千里馬マート(原題)」
放送日時:6月9日(火)放送スタート
毎週(火) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全12話

出演:キム・ビョンチョル、イ・ドンフィ、チョン・ヘソン、チョン・ミンソン、キム・ホヨン、チェ・グァンジェ、キム・ギュリ、イ・スンジェ、パク・ホサン
演出:ペク・スンリョン / 脚本:キム・ソルジ

「シークレット・ブティック(原題)」
放送日時:6月22日(月)放送スタート
毎週(月) 午後11:00~深夜1:30ほか(2話連続放送)
全16話

出演:キム・ソナ、チャン・ミヒ、パク・ヒボン、キム・ジェヨン、コ・ミンシ
演出:パク・ヒョンギ / 脚本:ホ・ソンヒ

「ジャスティス-復讐という名の正義-」
放送日時:6月1日(月)よりアンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全16話

出演:チェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュ、ナナ(AFTERSCHOOL)、パク・ソンフン、イ・ハクジュ
演出:チョ・ウン、ファン・スンギ / 脚本:チョン・チャンミ

「雲が描いた月明り」
放送日時:6月12日(金)よりアンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全18話

出演:パク・ボゴム、キム・ユジョン、ジニョン(B1A4)、クァク・ドンヨン、チェ・スビン、キム・スンス、チョン・ミソン
演出:ペク・サンフン、キム・ソンユン / 脚本:キム・ミンジョン、イム・イェジン

「ノクドゥ伝(原題)」
放送日時:
6月25日(木)よりアンコール一挙放送スタート
毎週(月)~(金) 午前5:00~7:30(2話連続放送)
全16話

出演:チャン・ドンユン、キム・ソヒョン、カン・テオ(5urprise)、チョン・ジュノ、ソン・ゴニ
演出:キム・ドンフィ、カン・スヨン / 脚本:イム・イェジン、ペク・ソヨン

「天気が良ければ訪ねて行きます(原題)」
放送日時:
6月28日(日)後9:30~10:45 第1話先行放送
7月16日(木)より本放送スタート
毎週(木) 後11:00~深1:30(2話連続放送)
全16話

出演:パク・ミニョン、ソ・ガンジュン、ムン・ジョンヒ、イ・ジェウク、イム・セミ
演出:ハン・ジスン、チャン・ジヨン / 脚本:ハン・ガラム

■関連サイト:
衛星劇場ホームページ:http://www.eigeki.com/special/hanryu_drama_sengen

記者 : Kstyle編集部