キム・スヒョン主演、新ドラマ「サイコだけど大丈夫」スチールカットを初公開…不安と孤独を抱えた表情

OSEN |

写真=tvN
「サイコだけど大丈夫」で、愛を拒否する男として戻ってきた俳優キム・スヒョンのスチールカットが初公開された。

6月20日に韓国で初放送されるtvN新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」が、精神病棟の介護士ムン・ガンテ役を演じるキム・スヒョンの多彩な姿を公開し、彼のイメージチェンジに関心が高まっている。

「サイコだけど大丈夫」は、手に負えない人生の重さで愛を拒否している精神病棟の介護士ムン・ガンテ(キム・スヒョン)と、生まれつきの障がいで愛を知らない童話作家コ・ムニョン(ソ・イェジ)が、お互いの傷を労り治癒していく、ファンタジー童話のようなロマンチックコメディだ。

キム・スヒョンが演じるガンテは、夢も希望もなく生きていく人物で、家では自閉スペクトラム症(ASD)を患っている兄ムン・サンテ(オ・ジョンセ)の面倒を見て、外では心を痛めた患者たちを世話するが、自身の人生には気を配ることができず、愛さえ拒否する人物だ。

公開されたスチールカットの中には、介護士の制服を着て汗を流しながら一生懸命に働いているガンテの日常が収められており、目を引く。特に、深くて強い眼差しと固く閉ざされた唇、硬い表情をしているが、患者と一緒にいる時は優しくて明るい表情になり、どんな内面を持った人物であるか、好奇心を刺激する。

それだけでなく、他の空間ではボックスをいっぱいに積んだキャリーカートを引きながら、一生懸命に働いている姿もキャッチされ、厳しい人生に黙々と耐えてきた人物の人生を伺わせ、キム・スヒョンが演じるガンテへの期待が高まっている。

このようにキム・スヒョンは「サイコだけど大丈夫」で、より一層深まった感性で不安と孤独を持った内面と、それに屈せず生きていく明るい姿まで、人物が持つ魅力を多彩に描き出す予定だ。

久しぶりに視聴者のもとを訪れるキム・スヒョンのイメージチェンジと、胸に響く感性あふれる熱演が期待されるtvN新土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」は、6月20日午後9時に放送がスタートする。

記者 : ハ・スジョン