ハ・ソクジン、ホテルで1人遊び?やんちゃな魅力のグラビア公開「芸能人っぽくないとよく言われる」

Newsen |

写真=ARENA
俳優ハ・ソクジンのやんちゃな魅力あふれるグラビアとインタビューが公開された。

最近公開された雑誌「ARENA」のグラビアは、ホテルの部屋で1人で遊ぶコンセプトで進行された。ハ・ソクジンは顔にシェービングフォームをつけたままポパイのようなポーズを取ったり、炭酸を振って泡を出しながらカメラを見つめるなど、個性あふれる雰囲気を漂わせた。

続いて行われたインタビューで、ハ・ソクジンは「演技に対する情熱に劣らぬほど重要なのは、演技という労働に対する姿勢だ。爽やかで気楽な姿勢で現場で楽しむことができて、スタッフたちとコミュニケーションも取って、『一緒に働けて良かった』という評価を得られる俳優にならなければいけない」と、仕事に対する考えを語った。

また、ハ・ソクジンは「『ソクジンは芸能人っぽくない』という言葉をよく聞く」と明らかにし、「しかし、芸能人らしいとは何だろう? 芸能人らしくなければいけないのだろうか?」と反問した。「その意味が良いのか悪いのかは分からないが、僕の活動範囲の中では気にしない。運動に行く時もジャージを着て行く。僕が頻繁に行く場所や活動範囲の中では自由でいたい」と気さくでウィット溢れるコメントをした。

現在撮影中のドラマ「私がいちばんキレイだった時」で、ラリードライバーの役を引き受けたハ・ソクジンは、運転の実力について「実生活では結構上手い。駐車の達人だ。車とほぼ一体で、空間認識能力が高い」と笑顔を見せた。

さらに彼は「料理を勉強するのが好き。掃除、洗濯も得意だ。あとは奥さんさえいれば良いな」とお茶目な魅力もアピールした。

記者 : イ・ミンジ