NU'EST「音楽中心」で1位を獲得…NCT 127&元Wonder Girls ユビンらのカムバックステージも

TVREPORT |

写真=MBC「音楽中心」放送画面キャプチャー
NU'ESTが、5月第4週目の「音楽中心」で1位を記録した。NCT 127と元Wonder Girls ユビンは華やかなステージでカムバックを披露した。

韓国で23日に放送されたMBC「音楽中心」では、NU'ESTの「I'm in Trouble」、IUの「Eight(prod. & Feat. SUGA of BTS)」、OH MY GIRLの「NONSTOP」が候補に上がった中、NU'ESTが1位の主人公になった。

NU'ESTのミンヒョンは「すごく幸せです。いつもNU'ESTのために努力してくださる方々に感謝します。L.O.∧.E(NU'ESTのファン)の皆さん、愛してます」と感想を伝えた。レンは「僕たちのそばで、昼夜を問わず苦労しているマネージャーの方々に感謝します」と感謝を示した。

NU'ESTは「I'm in Trouble」のステージを通じて洗練された姿をアピールし、収録曲「Back To Me」のステージで注目を集めた。

NCT 127は、新曲「Punch」のパワフルなダンスで、強烈なカムバックステージを披露した。

ユビンはウィットに富んだ歌詞が際立つ「ME TIME」を通じて、ガールクラッシュ(女性も憧れる格好いい女性)なイメージを脱ぎ捨て、軽快かつハツラツとした魅力をアピールした。

ソロとしてデビューしたメンバーも目立った。VIXXのケンは切ない別れを描いたバラード曲「10分でも長く会おうと」で甘いステージを披露した。

LOVELYZ スジョンは、新曲「Tiger Eyes」で濃い音色を誇りながら、デビュー6年にしてソロで成功的な一歩を踏み出した。

他にも、OnlyOneOf、SECRET NUMBER、公園少女、BVNDIT、H&D、CRAVITY、「SIXTEEN」出身のNATTY、FANATICS、woo!ah!、Dooriらが出演した。

記者 : キム・ミンジュ