イ・ソンビンの専属契約をめぐる主張に…所属事務所も反論「芸能活動を妨害する理由は全くない」

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
芸能事務所WELLMADESTAR.ENTが、専属契約を巡って紛争している女優イ・ソンビン側の主張に全面的な反論を出した。

23日、WELLMADESTAR.ENTを代理している法務法人ピョンサンのパク・チョンヒョク弁護士は公式報道資料を通じて2度目のコメントを明かした。

事務所がイ・ソンビンの精算資料などの提供要請を拒んだという主張に対して、パク・弁護士は「事務所はイ・ソンビンが要請する精算資料の提供を拒んだ事実はない。該当精算資料は、イ・ソンビンがこれを再要請する約2年前にその内訳を全て確認し、精算書に署名した資料だ。イ・ソンビンは同じ内容を告訴する過程で何回も主張を覆すなど、精算資料の提供要請は契約解約を求めるための理不尽な主張だ」と指摘した。

続いて、事務所がイ・ソンビンの芸能活動を妨害し、マネージャーに不当な待遇をしたと言うイ・ソンビン側の主張に関して「事務所は、契約の相手となる事務所に関連し不適切だったマネージャーの行動を是正するための措置をした。事務所が成長している所属アーティストの活動を妨害する理由は全くない」と批判した。

また、事務所がイ・ソンビンの是正要求を拒み、イ・ソンビンの解約通知を認めたという主張に関しては「最初から理不尽な主張」と説明した。法律代理人は「事務所はイ・ソンビンの主張が間違っていることを詳しく説明し、事務所は変わらずイ・ソンビンを所属女優と登載しているなど契約を維持しようとしたが、イ・ソンビンは事務所の連絡を受けず、インターネットポータル会社に所属事務所の削除を求めるなど契約の履行を拒否した」と付け加えた。

そして、事務所がイ・ソンビンを専属契約書の捏造で告訴する過程で「イ・ソンビンと専属契約を締結した事実がないと言った」という主張に対しても「イ・ソンビンが事務所に専属契約の解約を要求する過程で、事務所の代表理事の署名を捏造した専属契約書を使った」とし「事務所はイ・ソンビンに『捏造された専属契約書使用』を問題にしただけで、イ・ソンビンに『専属契約書を捏造した』と主張した事実はない」と指摘した。

法律代理人側は「イ・ソンビンが使った専属契約書は、事務所の代表理事ではない人が作成した事実は確認されたが、捏造した理由が明かされてないため処罰が行われなかった」と説明した。

そしてパク弁護士は「事務所はイ・ソンビンに、専属契約を違反した不法行為を改善するように自らの措置を求めたが、イ・ソンビンがそれを拒否している」と主張した。

またパク弁護士は「事務所はイ・ソンビンが専属契約の違反行為を自ら是正し、円満に問題を解決するために最善を尽くしたが、イ・ソンビンがこれを最後まで拒否するなら、事務所はそれを正すための民・刑事上の措置を取るしかない」とし「事務所はイ・ソンビンが同意すれば、イ・ソンビンが問題を提起している該当精算書とイ・ソンビンが使った問題のある専属契約書を公開し、その問題を詳しく説明する」と話した。

これに先立ちWELLMADESTAR.ENTは21日、専属契約を違反したイ・ソンビンに対して、「早いうちに専属契約の違反行為を是正し、専属契約を守ることを促す」というコメントを明かした。イ・ソンビン側は同じ日、WELLMADESTAR.ENTの立場とは正反対の主張を広げ、注目を浴びた。

イ・ソンビン側、専属契約めぐる事務所の主張に反論「不透明な精算に芸能活動の妨害も」(全文)

イ・ソンビン、専属契約違反で事務所がコメント「一方的な契約解除…虚偽告訴による刑事責任も」

【WELLMADESTAR.ENT 法律代理人の公式コメント全文 】

こんにちは。

女優イ・ソンビンが所属している株式会社WELLMADESTAR.ENT(代表ソ・サンウク、以下事務所)を代理している法務法人ピョンサンの弁護士パク・チョンヒョクです。

2020年5月21日付けで事務所が発表した公式コメントに対して、同じ日に女優イ・ソンビンが明かした公式コメントに対して以下のように主張します。

1. 事務所がイ・ソンビンの精算資料などの提供要請を拒んだという主張に対して

事務所はイ・ソンビンが要請する精算資料の提供を拒んだ事実がありません。該当精算資料はイ・ソンビンがこれを再要請する約2年前にその内訳を全て確認し、精算書に署名した資料です。またイ・ソンビンは同じ内容を告訴する過程で何回も主張を覆すなど、精算資料の提供要請は契約解約を求めるための理不尽な主張でした。

2. 事務所がイ・ソンビンの芸能活動を妨害し、マネージャーに不当な待遇をしたという主張に関して

事務所は、契約の相手となる事務所に関連し、不適切だったマネージャーの行動を是正するための措置をしました。事務所が成長している所属アーティストの活動を妨害する理由は全くありません。

3. 事務所がイ・ソンビンの是正要求を拒み、イ・ソンビンの解約通知に何の反論もしてないなど、契約解約を認めたという主張に関して

ソンビンの要求は最初から理不尽な主張でした。事務所はイ・ソンビンの主張が間違っていることを詳しく説明し、事務所は変わらずイ・ソンビンを所属女優と登載しているなど契約を維持しようとしましたが、イ・ソンビンは事務所からの連絡を受けず、インターネットポータル会社に所属事務所の削除を求めるなど契約の履行を拒否しました。

4. 事務所がイ・ソンビンを専属契約書の捏造で告訴し、その過程で「イ・ソンビンと専属契約を締結した事実がないと言った」という主張に対して

イ・ソンビンが事務所に専属契約の解約を要求する過程で事務所の代表理事の署名を捏造した専属契約書を使いました。事務所は捏造された専属契約書が使われるなどの深刻な問題を是正するための措置を取りました。イ・ソンビンにも「捏造された専属契約書使用」を問題にしただけで、イ・ソンビンに「専属契約書を捏造した」と主張した事実がありません。

イ・ソンビンが使った専属契約書は、事務所の代表理事ではない人が作成した事実は確認されましたが、捏造した理由が明かされてないため処罰が行われませんでした。

5. 事務所はイ・ソンビンに専属契約を違反した不法的な状況を改善するように自ら措置を取ることを求めましたが、イ・ソンビンがそれを拒んでいる状況です。

事務所と所属アーティストの間の専属契約は守るべきものです。

事務所はイ・ソンビンが専属契約の違反行為を自ら是正し、円満に問題を解決するために最善を尽くしましたが、イ・ソンビンがこれを最後まで拒否するなら、事務所はそれを正すための民・刑事上の措置を取るしかありません。

また、事務所はイ・ソンビンが同意すれば、イ・ソンビンが問題を提起している該当精算書とイ・ソンビンが使った問題のある専属契約書を公開し、その問題を詳しく説明する意思があることを知らせます。

ありがとうございます。

記者 : ソク・ジェヒョン