防弾少年団 SUGA、2ndミックステープ「D-2」を公開!韓服を着て剣舞を踊る「Daechwita」MVも話題に

KSTYLE |

写真=「Daechwita」MVキャプチャー
防弾少年団のSUGAが2ndミックステープで帰ってきた。これまでBig Hitエンターテインメントの公式SNSで掲載されてきた、意味深なカウントダウンティーザーの疑問が解けた。

SUGAは22日18時に、Apple Musicとサウンドクラウドなどで“Agust D”名義でミックステープ「D-2」を公開した。これは、2016年8月に公開した「Agust D」以降およそ4年ぶりとなる。

ミックステープは非商業的目的で制作し無料で配布する音盤で、SUGAは2016年に1stミックステープを公開した際、洗練された音楽性と率直な心境が溶け込んだ楽曲で注目を集めた。今回のミックステープでも全曲の作詞作曲を手掛け、現在を生きながら感じる様々な感情を解いた。

SUGAは17日、Big Hit公式SNSに“D-7”と書いてある写真をアップし、ミックステープの発売を予告した。黒い背景にぼやけている文字はファンの好奇心と期待を高めた。“D-7”から始まったカウントダウンは今回のミックステープのタイトルである“D-2”で止まり、本日全曲の音源とリード曲のミュージックビデオまで公開され、全世界のファンの関心が集まっている。

「Daechwita」MVキャプチャー
「D-2」にはリード曲「Daechwita」をはじめ、変化についてSUGAの解釈が際立つヒップホップジャンルの「Moonlight」、現在まで成し遂げている成果について質問を投げる「What do you think?」、現社会のおかしいところに疑問を提起するトラップヒップホップジャンルの「Strange(feat. RM)」、ヒップホップR&B曲「28(feat. NiiHWA)」、強烈なギターサウンドで新しいスタートを語る「Burn It(feat. MAX)」、大衆的な情緒を取り入れたトラップヒップホップジャンルの「People」、夢幻的な雰囲気の「Honsool」、SUGAの感性と真心が入ったボーカルが楽しめる「Interlude : Set me free」、モダンロックとヒップホップが調和され、恋しい友達に向けたラップが余韻を残す「Dear my friend(feat. Kim Jong Wan of NELL)」など様々なジャンルの全10曲が収録されている。

韓国伝統軍楽の大吹打をサンプリングして作られたリード曲「Daechwita」は、トラップビートと韓国伝統楽器のサウンドが調和され、異色な雰囲気と独特な感性が特徴的だ。自分を“虎”にたとえ、力強く吐き出すSUGAのラップが強烈感を増す。

「Daechwita」のミュージックビデオも壮大な美しさと深遠である雰囲気が際立つ。宮殿を背景に違う姿の2人を表現するSUGAの演技が輝く。なお、韓服を着て剣舞を踊るシーンは目が離せない。

記者 : Kstyle編集部