(G)I-DLE、新型コロナウィルスを乗り越えるためのキャンペーンに参加…学生たちへ応援メッセージ

Newsen |

写真=CUBEエンターテインメント
(G)I-DLEが、新型コロナウィルスによる厳しい時期を乗り越えるための応援メッセージを伝える。

(G)I-DLEが参加した「ソウル市声応援キャンペーン」は、時には温かい声で一言話しかけることが、疲れた市民にとって大きな励みになると信じて企画されたもので、(G)I-DLEは小、中、高校生向けの励ましのメッセージを担当する。

(G)I-DLEは、学校生活の中で距離を置くことを促すメッセージなどを明るく元気な声で伝え、学生たちを励ますものと期待されている。(G)I-DLEが伝える希望のメッセージは、始業の日から、ソウル市内の小、中、高校の案内放送を通じて聞くことができる。

ソウル市市民疎通企画官のパク・ジニョンは「誰もが厳しい状況の中で、容易ではないだろうが、今回のキャンペーンを通じてポジティブな心を失わず、困難を賢く乗り越えていこう」とし「市民たちのために快く声で希望のメッセージを伝えてくれた、ソウル市広報大使の(G)I-DLEに感謝する」と伝えた。

2018年12月、ソウル市広報大使に任命された(G)I-DLEは「ソウルを愛し、ソウルを語る人々」というビジョンを基に精力的に活動している。

記者 : パク・アルム