ファン・ジョンウム&ユン・ヒョンミンら出演、新ドラマ「あいつがそいつだ」台本読み合わせ現場を公開

OSEN |

写真=I willメディア
「あいつがそいつだ」が活気溢れる台本読み合わせ現場を公開し、視聴者の期待を高めた。

KBS 2TV新月火ドラマ「あいつがそいつだ」は、“どいつもこいつも同じだ”と思い、非婚主義者になった女性が、正反対な魅力の2人の男性から、ストレートにアタックされ展開されるストーリーを描くラブコメディドラマだ。

同日、台本読み合わせ現場には、「あいつがそいつだ」を引っ張っていく制作陣と俳優たちが一堂に会した。完成度の高い作品を作っていくチェ・ユンソクプロデューサーとイ・ウニョン脚本家をはじめ、ファン・ジョンウム(ソ・ヒョンジュ役)、ユン・ヒョンミン(ファン・ジウ役)、ソ・ジフン(バク・ドギョム役)、チェ・ミョンギル(キム・ソニ役)、チョ・ウリ(ハン・ソユン役)などが参加し、笑いと共感を得るドラマの誕生を予告した。

台本の読み合わせに先立ち、挨拶をしたチェ・ユンソクプロデューサーは「ラブコメディは初めてで緊張しているし、わくわくする。素敵な俳優たちと記憶に残る人生の作品を作っていきたい」と明らかにし、雰囲気を和ませた。

本格的に台本読み合わせが始まると、俳優たちはすぐにキャラクターに入り込み、相乗効果を発揮した。能力のあるウェブ漫画企画チーム長で“非婚主義者”のソ・ヒョンジュ役を演じる女優ファン・ジョンウムは、愛らしくしっかりとした魅力をアピールした。また、多彩な演技でラブコメディの達人らしい姿を披露し、現場の雰囲気を明るくした。

製薬会社の代表ファン・ジウ役を演じる俳優ユン・ヒョンミンは、冷静なカリスマ性と恋愛の感性を兼ね備えた意外な魅力をアピールした。クールな外見とは異なり、温かい心を持つファン・ジウと驚くべきシンクロ率を見せ、キャラクターへと溶け込んだ。

俳優ソ・ジフンは、人気ウェブ漫画家のパク・ドギョム役を演じる。茶目っ気溢れるが、時には真剣な姿で少年と大人の魅力を兼ね備えた人物だ。実の姉のように接してきたソ・ヒョンジュと妙な姉弟のケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露し、年下男パク・ドギョムの魅力をアピールした。

また、俳優チェ・ミョンギルは世宗(セジョン)医療財団の理事長であるキム・ソニ役としてカリスマ性溢れる姿を、女優チョ・ウリはキム・ソニの娘であるハン・ソユン役で愛らしい姿を披露した。それだけでなく、ソ・ヒョンチョル、ファン・ヨンヒ、ソン・ジヌ、キム・ギュソン、ノ・スサンナ、ソン・サンウンは、それぞれキャラクターの魅力と阿吽の呼吸を披露し、俳優たちが発揮する相乗効果への期待を高めた。

この日の台本読み合わせ現場では、キャラクターにすっかりはまった俳優たちの目が離せないリアルな演技で、和気藹々とした雰囲気が漂ったという。

それだけでなく、社会全般に定着した“非婚”というトレンドと、依然として健在な“愛”の真の価値を愉快かつ真剣なトーンで描いていくことが予告され、これまで見たことのないラブコメディの誕生に期待が高まる。

「あいつがそいつだ」は今夏、韓国で放送される予定だ。

記者 : ソン・ミギョン