THE BOYZ「Road to kingdom」で強烈なパフォーマンスを披露“まるで映画のワンシーン”

TVREPORT |

写真=「Road to kingdom」 放送画面キャプチャー
THE BOYZが強烈なパフォーマンスで「Road to kingdom」のステージを圧倒した。THE BOYZの独走を止められるチームはいるだろうか。

21日に韓国で放送されたMnet「Road to kingdom」では、第2次競演のステージと結果が公開された。今回の競演の敗者は「Road to kingdom」から脱落することになる。

第1次競演でGolden Childは5位にランクインし、残念な結果となった。デヨルは「残念な順位だったので、プライドが傷ついた。リーダーとして申し訳ない気持ちが大きかった」と心境を打ち明けた。

前回の競演の物足りなさを挽回しようと、Golden Childは物語を表現した「WANNABE」で勝負に出た。バイオリンの演奏も加わり、完成度を高めた。

控室のアーティストたちは「鳥肌が立った」「音楽に狂ったオーケストラのようだった」「優雅で美しいステージだった」と絶賛した。ジャンジュンは「後悔を残さずやりきって、(ステージから)降りた」と吹っ切れた表情を見せた。

第1次競演で最下位にとどまったONEUSは、「LIT」で再跳躍に挑戦した。1本のフュージョン時代劇を見ているかのような、東洋の魅力が詰まったステージを披露した。

競演アーティストたちは「お祭りのようだった」「すぐにでもステージに上がって、一緒に踊りたかった」と絶賛した。ファンウンは「吹っ切れた。エネルギーを放出できて幸せだった。その分、楽しくやって(ステージから)降りたと思うので、後悔はない」と感想を伝えた。

VERYVERYはVIXX ラビとコラボレーションし、「Photo」を歌った。「今日歩いているこの道を、花道にする」という覚悟で強烈なパフォーマンスを披露したVERYVERYに、出演アーティストたちは「アイデアが素晴らしい」「とても衝撃的なステージだった」とスタンディングオベーションを送った。

ヨンホは「とても集中して、緊張感が無い状態でステージに立った。前回より少しは順位が上がるだろうと期待している」と言い、笑顔を見せた。

出演者の中で最も新人のTOOは「Magnolia」で天使と悪魔の戦争を演出し、存在感をアピールした。「素晴らしいコンセプトだ」「黒と白の戦いが上手く表現されたと思う」と好評を受けた。

しかし、ステージを終えたチャンの顔は暗かった。ステージの途中に衣装をきちんと脱げず、準備していたパフォーマンスをすべて披露することができなかったためだ。チャンは「本当に大切な競演だったのに、ミスをした。メンバーに申し訳なかった。言える言葉がない」と残念な心境を語った。

「Road to kingdom」で2連続1位に輝いたTHE BOYZは、「REVEAL」で連続ヒットを狙った。名画ような演出で、オープニングから強烈なイメージを披露したTHE BOYZは、息ぴったりの群舞でパフォーマンスの職人ならではの一面を誇った。

競演アーティストたちは「衝撃的だ」「THE BOYZのファンクラブに入りたい」「戦争のような雰囲気。スケールが映画レベルだ」と絶賛した。

ソヌは「『Road to kingdom』の競演で、ダンサーさんと一緒にステージに立ったのは今回が初めてだ。ダンサーさんが放つエネルギーが上手く伝わったと思う。とても感謝している」と感想を伝えた。

記者 : イ・ヘミ