人気アイドルも!AB6IX イ・デフィからBlock B ジコまで、日本で生活した経験のある韓国スターたちに注目

KSTYLE |

写真=各事務所

韓国芸能人の中には、子供の頃に日本で生活していたり、日本で留学経験があったりと、流暢な日本語を話せるスターが多くいます。今回は、あまりに流暢で自然な日本語でファンを驚かせたり、日本語の実力を日本活動でも発揮している韓国スターたちをまとめてみました。

H&D ナム・ドヒョン

写真=H&D Instagram
現在ユニットH&Dとしてイ・ハンギョルと共に活動し、今秋8人組ボーイズグループとしてデビューを準備しているナム・ドヒョンは、幼い頃から外国での経験が豊富なことで知られています。ナム・ドヒョンは過去ある番組で「デンマークと日本でインターナショナルスクールに通った」と明かしています。ピアノ、ギター、フルート、ウクレレなど、4種類の楽器ができるなど音楽的な才能も持ち合わせているほか、英語や日本語まで話せることが知られ注目を集めました。

X1 ナム・ドヒョン、日本に留学経験も…多才な一面を披露「4つの楽器ができる」


AB6IX イ・デフィ

写真=AB6IX Instagram
AB6IX イ・デフィはWanna Oneとして活動していた際、Mnet「Wanna One Go」に出演し、子供の頃に住んでいたという大阪を訪れました。行きたい旅行先として日本を選んだイ・デフィは、ハ・ソンウン、ミンヒョンと共に父の墓に花を供え、涙を流しながら「生きていたら、僕がこんなにかっこよく歌って踊るのを見せられたはずなのに、それができなくて本当にごめんなさい」と伝え、視聴者の注目を集めました。その後、イ・デフィは日本に住んでいた経験を活かして「KCON 2018 JAPAN」でMCを務めたり、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」で突然飛び出す日本語が可愛すぎると話題にもなっています。

Wanna One イ・デフィ、日本へ…父の墓の前で涙「かっこいい姿を見せられなくてごめん」


SF9 ダウォン

写真=SF9 Twitter
SF9 ダウォンは過去あるインタビューで、子供の頃に両親の仕事の関係で日本に住んでいたことを明かしています。ダウォンは、日本に住んでいた頃の思い出として「本当に小さい頃だったのであまり覚えていないが、小さいエレベーターに乗って怖かったこと、車のおもちゃを買ってもらったこと、タクシーが自動ドアで驚いたことなどを覚えている。住んでいた家が伝統的な日本の家で、すごくよかった」と語っています。

Vol.2 ― SF9、待望の日本1stアルバムリリース!メンバーが日本で楽しみにしていることとは?


イ・カウン

写真=イ・カウン Instagram
「PRODUCE 48」に出演して話題を集め、現在は女優として活動しているイ・カウンは、中学生時代に日本留学を経験しており、日本語が堪能です。和歌山県に3年間住んでいたイ・カウンは、「PRODUCE 48」出演当時には歌やダンスだけでなく、日本人の練習生たちと自然な日本語で会話をして通訳の役割も果たすなどして話題になりました。AFTERSCHOOLのメンバーとして活動していた際にも、グループ内の末っ子であるにも関わらず、日本イベントでトークをリードする姿が注目を集めました。


THE MAN BLK チョン・ジンファン

写真=チョン・ジンファン Instagram
2018年11月にデビューしたマルチエンターテイナー俳優グループTHE MAN BLKのリーダーチョン・ジンファンは、8歳から約3年間広島に住んでいたことを明かしています。チョン・ジンファンはあるインタビューで、当時日本の学校で「ピーターパン」の公演に出演したことがきっかけで、演技に興味を持ったと話しています。デビューショーケースでは「日本に住んでいたので、日本活動の際、日本語の実力を発揮できると思う」と話していたチョン・ジンファンは、その言葉通り初来日のステージでは通訳なしで流暢に話し、注目を集めました。

Vol.1 ― 初来日!10人組俳優グループTHE MAN BLK「初めての海外活動が日本でよかったです」


Block B ジコ

写真=ジコ Instagram
Block B ジコはカナダと中国、日本で留学した経験があり、その中でも特に日本留学は印象深かったと明かしています。過去のあるラジオ番組では「中学生の時、美術を仕事にしたいと思い、日本留学を決めた。美術だけをやっていたら飽きてしまい、音楽も聴くようになった」と告白しています。またジコという芸名について「美術クラスの友達が、僕のことをジコというあだ名で呼んでいた」と由来も公開して注目を集めました。ジコの単独リアリティ番組「HACK ZICO」では当時通っていた学校で写真を撮るなど、日本旅行の様子も公開しています。また現在ヒップホップクルーFANXY CHILDのメンバーとして共に活動しているPENOMECOも、留学時代を共に過ごした友人として知られています。

Block B ジコ「日本への留学、意味深かった」

Block B ジコ、男4人でプリクラに大はしゃぎ…日本で留学時代の思い出の場所巡り


元2NE1のCL

写真=CL Instagram
元2NE1のCLは、子供の頃日本に住んでいた経験があります。CLは、過去に2NE1として日本テレビ系「しゃべくり007」に出演した際、「7年ほど日本に住んでいたが、インターナショナルスクールだったので日本語は(あまり)……」と話したものの、日本語ですらすらと話す姿が話題となりました。またあるインタビューでは「日本の幼稚園に通って12歳まで日本にいた。父が大学で勉強していた時期もあるし、その後教授になった時もあった」と日本で生活していた理由を明かしています。


チェ・ヒソ

写真=チェ・ヒソ Instagram
チェ・ヒソは子供の頃大阪で5年間暮らしていた経験があり、映画「空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~」、初の主演映画「金子文子と朴烈」で日本人の役を見事に演じました。劇中でチェ・ヒソは、映画を見た観客から日本人だと思われるほど流暢な日本語を話し、また日本人が話す韓国語の発音まで研究していたことも話題となりました。またチェ・ヒソはある番組で「金子文子と朴烈」PRのため来日した際にも、日本語でインタビューに応じたことでも注目を集めました。

チェ・ヒソ、流暢な日本語を話す理由は?「小学生の時に住んでいた」


SUPERNOVA ユナク

写真= ユナク Instagram
元々日本に関心の高かったSUPERNOVA ユナクは、韓国で高校を卒業後、先生からの薦めもあり愛知大学へ国費留学をしました。4年間、留学生が多く在籍しているという現代中国学部で学んだユナクは、日本でモデル活動をしていたところスカウトされ、アイドルとしてデビューを果たしました。グループ活動以外でも山崎育三郎ら出演、宮本亜門演出ミュージカル「プリシラ」、平埜生成とのW主演ドラマ「バウンサー」など、演技面でもたくさんの日本俳優たちと共演し、更に注目を集めています。


キム・ジェウク

写真=キム・ジェウク Instagram
韓国で大人気を博したドラマ「コーヒープリンス1号店」で、日本語をつぶやくイケメン店員ノ・ソンギ役を演じたキム・ジェウク。生まれてすぐに日本に来て約7年間東京で暮らしたというキム・ジェウクは、日本人と間違えてしまうほどの自然な日本語で会話ができることで有名です。特に2018年に公開された映画「蝶の眠り」では、韓国人の留学生役をほぼ100%日本語で演じ、共演者の中山美穂も「とても上手で、心地よいしゃべり方」と絶賛して注目を集めました。

キム・ジェウク、日本語演技が好評…流暢なセリフの秘密は?「過去に…」


キム・ソナ

写真=キム・ソナ Instagram
ドラマ「私の名前はキム・サムスン」などに出演し、日本の韓国ドラマファンにも長く愛されているキム・ソナは、中学・高校時代を日本で過ごし、その後アメリカの大学へ留学した経験もあり、日本語、英語が堪能です。ドラマの来日記者会見では、通訳なしで自然な日本語を披露し、冗談を交えて話して記者の笑いをとる姿も見せました。また、草なぎ剛が司会を務めていたフジテレビの番組「チョナン・カン2」で対談を行う中でも、日本で暮らしていたことに言及し、注目を集めました。

【PEOPLE】キム・ソナを構成する5つのキーワード

記者 : Kstyle編集部