ASTRO、1年4ヶ月ぶりに完全体でカムバック「僕たちらしい“パワー&清涼”を期待してください!」

TVREPORT |

写真=ファンタジオ
ASTROが約1年4ヶ月ぶりに7thミニアルバム「GATEWAY」でカムバックし、所属事務所がASTROのインタビューを公開した。

7thミニアルバム「GATEWAY」のタイトル曲「Knock」は、中毒性のある歌詞とメロディーが印象的なナンバーだ。パワフルなパフォーマンスとともに“パワー&清涼”で戻ってきたASTROの魅力が存分に楽しめる。

ASTROのニューアルバムにはタイトル曲をはじめ、「私の名前を呼ぶ時」「SOMEBODY LIKE」「We Still」「12時間」、そしてメンバーのジンジンの自作曲「光になってあげる」まで、それぞれ異なる雰囲気の清涼さが感じられるナンバーが収録されている。

――6人の完全体としては約1年4ヶ月ぶりのカムバックですが、感想はいかがですか?

ジンジン:久々に完全体として挨拶することができ、緊張もしますし、ドキドキしています。ファンの皆さんが長い時間待ってくれていたと思いますが、反応はどうだろうという期待もあります。完全体であるだけに、さらに良いエネルギーで素敵なステージを届けられるように一生懸命準備しました。

ムンビン:僕の場合は、6thミニアルバム「BLUE FLAME」の活動に参加できなかったので申し訳なく、とても残念でした。今回のアルバムを準備しながら物足りなかった部分を埋めることができ、(アルバムに)たくさんのものを収めようと努力しました。

――「GATEWAY」はASTROの以前のアルバムとはどんな違いがありますか?

ムンビン:これまではASTROに様々な色を塗ってみる過程であったと思います。今回のアルバムは、ASTROと最も合っていて、ファンの皆さんも大好きな清涼なコンセプトにパワーを加えたので、ASTROだけのユニークなカラーを感じることができると思います。

ラキ:清涼さにパワーが加わった“パワー&清涼”をコンセプトに、これまでASTROが挑戦しなかった新しい一面を披露する予定です。そして収録曲は一曲一曲の音楽の色がはっきりとしていて、バランスよく構成されています。これまでのアルバムの中で最も完成度が高いと思います。

――今回のアルバムのコンセプトである“パワー&清涼”について紹介してください。

ユン・サナ:清涼だけどパワーが加わって、エナジェティックなASTROと言えます。これまでASTROが披露してきた清涼さはキュートでしたが、今回のアルバムの清涼さはパワフルで成熟しています。アップグレードした清涼コンセプトのASTROを期待してください。

――アルバムを準備しながら、どんなエピソードがありましたか?

ユン・サナ:ジャケット撮影がとても面白く、新しかったです。これまでやったことのない初挑戦が多く、とても寒かったけどヨットでも撮影して、色んなものが新しくて初体験だったので、とても思い出に残っています。

チャ・ウヌ:振り付けを覚えた時が思い出に残っています。今回のダンスは特に難しかったんですが、それでもやる度に少しずつ変わる面白みもありました。

ムンビン:ミュージックビデオを撮影していた時でした。群舞のシーンを撮影したんですが、床がガラスのタイルでした。今回のダンスはとてもアクティブでステップが多く、床を強く踏むシーンが多いんですが、力を入れすぎてタイルが割れました。幸い、怪我をした人はいなかったですが、それだけ今回のダンスはパワフルだと思いました。

――今回のアルバムを通じて、見せたい姿はありますか?

ムンビン:僕たちが最も上手く表現できて、似合うコンセプトである“清涼”から、少しパワフルで成熟した姿を見せたいです! 僕は久々にステージに立つので、より成長した姿を届けたいです。

チャ・ウヌ:ステージを僕たちだけのパワフルで清涼なエネルギーでカッコよく埋め尽くす姿を見せたいです。今回の曲では、ダンス、歌唱、表情などに注力しただけでなく、練習もより沢山しました。「Knock」をカッコよく表現する姿や、前回のアルバムより進化したチャ・ウヌの姿を見守ってください。

ジンジン:これまでのASTROの清涼さと比べて、成熟した“パワー&清涼”がどんなものなのか、はっきりお見せしたいです。

ラキ:ASTROとしては、今回のコンセプトが“パワー&清涼”であるだけに、パフォーマンスにさらに力を入れたと思います。パワフルでありながらも清涼さまで表現する僕たちの姿をぜひチェックしてください。個人的には、枠に嵌った感じではなく、自然に新しく表現するパフォーマンスを見てほしいです。

ユン・サナ:ASTROとしてはアルバムごとに新しいコンセプトを試み、ファンの皆さんに毎回新しい姿を見せたいです。個人的には、デビューから今までとても成長した姿を披露したく、「ユン・サナにこんな一面が!」というのを見せたいです。

MJ:久々にASTROのグループとしてのケミストリー(相手との相性)を届けたく、個人としては“パワー&清涼”のお手本を見せたいです!

――今回のアルバム活動の計画や目標は?

チャ・ウヌ:元気に幸せに活動したいです! 一生懸命また楽しく活動し、ファンの皆さんと大切な思い出を作りたいです。

ジンジン:さらに多くのリスナーのみなさんにASTROがどんなグループであるかお見せするのが目標です。

ラキ:毎回違う感じのステージを演出したいです。ステージごとに違う魅力が感じられるように努力したいです。

ユン・サナ:地上波の音楽番組で1位を獲りたいです。カムバックの度に、目標はファンの皆さんに会って素敵な思い出を作ることだったんですが、最近は直接会うことができないので、出演する番組で毎回素敵な姿を届け、気持ちの良いエネルギーを与えたいです。

MJ:世間にもASTROを広めたいです。

ムンビン:頑張って準備して努力してきたので、楽しい活動になるようにしたいです。その中で、良い結果があればさらに嬉しいです。

――ASTROのカムバックを待ってくれた国内外のファンに伝えたい言葉は?

MJ:今回のアルバムは、本当に頑張って準備したのでたくさん期待してください。「Knock」をよろしくお願いします!

ジンジン:いつも遠くでも近くでも応援してくれて、待ってくれて心より感謝します。ステージで応えられるASTROになります。

チャ・ウヌ:待ってくれて応援してくれた皆さん本当にありがとうございます。応援してくれる皆さんに応えられるように、素敵な姿をお見せします! AROHA(ASTROのファン)の心を“Knock Knock Knock”しに行きます、準備はいいですか?

ムンビン:どんな歌でもコンセプトでも、僕たち6人のありのままの姿を好きになってくれて感謝しています。これからもっと素敵な音楽、ステージで挨拶します。いつも元気でいられますように。たくさん期待してください。

ラキ:待ってくれた分、たくさん準備してきたので期待に応えられるように頑張って活動します。これからもずっとたくさんの関心をお願いします。

ユン・サナ:完全体でカムバックできてとても嬉しいです。準備過程も本当に幸せでした。完全体として戻ってきた分、素敵な姿を届けます。期待してください!

記者 : ホン・ジス