ソン・ジュンギ&キム・テリ&チン・ソンギュ主演、映画「勝利号」予告編を公開…2092年の宇宙の世界を描く

TVREPORT |

写真=Merry christmas
俳優ソン・ジュンギ、キム・テリ、チン・ソンギュ主演の映画「勝利号」がベールを脱いだ。

7日、配給会社のMerry christmasは映画「勝利号」(監督:チョ・ソンヒ、制作:映画社ピダンギル)の予告編を公開した。

「勝利号」は2092年、宇宙のゴミを掃除する勝利号の船員たちが大量殺傷武器と知られた人間型ロボットドロシーを発見した後、危険な取引に飛び込むストーリーを描いた作品だ。「私のオオカミ少年」「探偵ホン・ギルドン:消えた村」を手掛けたチョ・ソンヒ監督の次期作だ。

予告編は、地球の上を遊泳している人類の新しい巣である衛星軌道の姿で始まる。ハリウッドの占有物と知られた宇宙に韓国のキャラクターたちを送った「勝利号」は、韓国の想像力と技術力のシナジーを予告する。

時は2092年、宇宙は廃棄された人工衛星、漂流する宇宙船などの危険なゴミでいっぱいになっており、勝利号はお金になるゴミを見つけるため他国の掃除船と競争しながら宇宙を回る。スピーディーに他の宇宙船を追い抜く「勝利号」の姿とアクションは、「勝利号」に登場した船員たちの姿を通じて異彩な雰囲気を与える。

3年ぶりに映画に復帰するパイロットのテホ役ソン・ジュンギは余裕溢れる笑顔とは違って、穴付きの靴下姿に「勝利号」を操縦する姿で好奇心を高める。勝利号の若いリーダー、チャン船長役のキム・テリは、オールバックのヘアスタイル、サングラスとレイザーガンを構える堂々とした姿でもう一度演技変身を予告する。総務係タイガー・パク役のチン・ソンギュは、レゲースタイルのヘアスタイルと全身タトゥーが目立つ姿で力強く宇宙船を操縦する。

また、真っ先にゴミに銛を刺す掃除船がゴミを手に入れることができるため、早い銛刺しが鍵である銛ロボットアプドン。口笛のような音とともに宇宙を泳ぎながら銛をさすアプドンの姿は、韓国映画としては初めてのモーションキャプチャーで他の俳優たちと一緒に息を合わせながら演技をした俳優ユ・ヘジンが演じる。

映画「勝利号」は、韓国で今夏の公開を目指して後半作業を行っている。

記者 : ユ・ジヒ