チョン・サンフン&チ・スンヒョン&ユン・ギョンホ出演、新ドラマ「番外捜査」スチールカットを公開…強烈なチームプレイを予告

TVREPORT |

写真=OCN
OCNドラマ「番外捜査」に出演するチョン・サンフン、ユン・ギョンホ、チ・スンヒョンが強烈なチームプレイを予告した。

23日、「番外捜査」側は劇中で“チームブルドッグ”の3人として活躍するチョン・サンフン、ユン・ギョンホ、チ・スンヒョンのスチールカット第1弾を公開した。

「番外捜査」は、手段、方法を問わず犯人を捕まえる頑固な刑事と、一発大当たりを狙う熱血プロデューサーなど5人のアウトサイダーたちの犯罪撲滅を描く作品だ。

チョン・サンフンは、国立科学捜査研究院の首席解剖医出身の葬祭業者イ・バンソク役を演じる。劇中で、遺体解剖でチームブルドッグに犯人検挙に関する重要な手がかりを提供する予定だ。今回公開されたスチールカットでイ・バンソクは、メスの代わりに化粧品を手にしており目を引く。

次のカットには、一時闇の世界で“伝説の拳”と呼ばれていたテディ・ジョン役に扮したユン・ギョンホが写っている。劇中でテディ・ジョンは持病で喘息を患っており、体力がすぐ消耗するという秘密を持ったまま小さなカクテルバーを経営している。

最後にチ・スンヒョンは、韓国一のプロファイラー出身の私立探偵タク・ウォン役を演じる。劇中でタク・ウォンは、大金を手にしようと探偵事務所を立てたが、客がいないためマルチ商法の仕事も兼ねている人物だ。スチールカットでタク・ウォンは、鋭く真剣な眼差しで視線を集めた。

華やかな履歴とユニークな個性を誇る3人の人物が、犯罪撲滅にどのように貢献するのか好奇心をくすぐった。

制作陣は「口調、トーン、仕草と足取りまでキャラクターそのものになって動く、チョン・サンフン、ユン・ギョンホ、チ・スンヒョンの生き生きとした演技が最高の視聴ポイントである」と強調した。

「番外捜査」は、OCNが映画とドラマの形式を結合し、大勢の映画制作陣がタッグを組んで制作する「ドラマチックシネマ」プロジェクトの3番目の作品だ。韓国で5月23日午後10時50分より第1話が放送される。

記者 : キム・ミンジュ