「メモリスト」チョ・ソンハ、殺人犯の正体を知り“銃で撃ってでも逮捕しろ”

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=メモリスト
「メモリスト」ユ・スンホが、結局1級殺人の容疑者になった。

22日に韓国で放送されたtvN「メモリスト」第13話で、過去にチン・ジェギュ(チョ・ハンチョル)は、拉致されたイ・シンウン(チョ・ソンハ)に「あなたも私のように彼の標的になった。幼い悪魔。幼いけれど、彼は悪魔だ。私は娘を守るために協力したのだ。絶対あの子を甘く見るな。ひどい目にあいたくないなら」と警告した。

やっと解放されたイ・シンウンは、幼いドンベク(ユ・スンホ)の冷たい眼差しを目撃した。この時を思い浮かべながら、彼は自分の首を絞めるドンベクに「殺人魔消しゴム、まさにお前だ」と知らせた。この言葉にドンベクは身震いして苦しんだ。

警察が入ってくると、ドンベクは辛うじて逃げた。ハン・ソンミは、イ・シンウンに「そんなことをして無事だと思いましたか? まともな青年が殺害されたことを隠したのが、ただのミスなのか」と問い詰めた。イ・シンウンは、「愚かなものだ。目の前に居ても殺人犯を捕まえられないのか。ヒントまであげたのに」と繰り返し、ドンベクが殺人犯“消しゴム”だと知らせた。

ハン・ソンミは、「直接出てこないで、動画を撤去しようとする次長の計画も知った。自分の罪を隠そうとしたのを」と疑った。しかし、イ・シンウンは「ドンベクは、20年前の恨みを持っている」と強調した。

この言葉にハン・ソンミは、「いや、そう信じたいのだろう。本人の罪を見抜いた刑事を踏みにじろうと。ムン刑事まで。少なくても、もう1人は殺さなければならないでしょう。すべて覆うには」と切り返した。

結局、イ・シンウンは、ドンベクを銃で撃ってでも逮捕してくるよう命じた。

記者 : パク・ソヨン