Highlight イ・ギグァン、国民の党のキム・グンテ候補の名誉毀損に関連して警察で取調べ…弁護士が出席

Newsen |

Highlight イ・ギグァンが音源買い占め疑惑を提起した国民の党のキム・グンテ前候補を名誉毀損で告訴した中、イ・ギグァンの法律代理人が警察の取調べを受ける予定だ。

Highlightが所属するAround USエンターテインメントは22日、Newsenに「同日、事務所の関係者が弁護士と共に警察に出席する。キム前候補の名誉毀損の疑いに関連して出席する」と明かした。

キム・グンテ前候補は今月8日、音源買い占めを暴露する記者会見を開き、アンダーマーケティング企業CREATIVERが中国などで違法なハッキングで取得した一般人のIDを悪用し、音楽配信チャートを操作したと主張した。当時、一部の歌手の実名を公開し、波紋を呼んだ。

これに対し、イ・ギグァンは所属事務所Around USを通じてその場で反論を提起し、疑惑を否定した後、キム・グンテ前候補を告訴した。

イ・ギグァンは「違法な買い占めと音源の操作はなかったことを申し上げる。この事件で捜査を受けることになれば、必要なすべてのデータを全て提出して協力する。10年間にわたり、誠実に活動して積み上げたイ・ギグァンというアーティストの信頼を守るために最善を尽くす」と正式なコメントを発表した。

記者 : ファン・ヘジン