ソ・ガンジュン、主演ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」放送終了の感想を伝える“貴重な時間…本当に感謝”

MYDAILY |

写真=マンオブクリエーション
「天気がよければ訪ねて行きます」に出演したソ・ガンジュンが、愛情を込めた放送終了の感想を伝え、名残惜しい気持ちを慰めた。

本日(21日)、韓国で放送終了するJTBC月火ドラマ「天気がよければ訪ねて行きます」に出演しているソ・ガンジュンは、劇中プクヒョンリで本屋を営む叙情的な男性、イム・ウンソプを演じて“ウェルメイド叙情メロドラマ職人”という修飾語を新たに得た。

ソ・ガンジュンは特に寒かった今年の冬を、見れば見るほど熟していく演技と豊富な感情表現で暖めた。胸の奥深くまで掘り下げる、ソ・ガンジュンの豊かで繊細な感情は、ドラマをまるで文学作品のように、また、時には一枚の水彩画のように作り上げ視聴者たちにぬくもりを与えた。

最後まで繊細な感情を盛り込んだ「天気が良ければ訪ねて行きます」を導いたソ・ガンジュンが、放送終了の感想を語る撮影現場の中の姿も際立つ。日差しのように暖かい笑顔は、撮影現場の和気あいあいとした雰囲気をそのまま伝えている。真剣な姿で撮影しながらも「カット」の声が聞こえると、再び幸せな微笑みで見る人を笑顔にさせる。

ソ・ガンジュンは「『天気が良ければ訪ねて行きます』を開始する前のときめきが昨日のようですが、放送終了の日が近づいてきました。寒い冬に少しでもより良い作品を作ってみようと、多くのスタッフの方々、先輩・後輩俳優の方々とともに、苦労して撮影した記憶がよぎります」と思い出した。

続いて「作品に別れを告げることは、とても名残惜しくて残念ですが、暖かい村で過ごした時間は本当に貴重です。宝石のような原作の中で、イム・ウンソプを演じることができるようにしてくださった脚本家のイ・ドウ先生と苦労された監督、俳優たちに感謝し、ドラマを愛してくださった視聴者の皆さんにも、本当に感謝いたします。ドラマのタイトルのように、僕は、天気がよければまた訪ねて行きます」と、愛情のこもった放送終了の感想を伝えた。

メロドラマ、ジャンル劇、ラブコメディなど、毎作品ごとにユニークなキャラクターを完成させるソ・ガンジュンの次の作品に期待が集まっている。

記者 : キム・ミリ