パク・ジミン、WARNER MUSIC KOREAと専属契約…活動名をジェイミーに変更し本格的な活動スタート

MYDAILY |

写真=WARNER MUSIC KOREA
パク・ジミンがグローバルレコード会社のWARNER MUSIC KOREAと専属契約を締結し、芸名をジェイミー(Jamie)に変更した。

21日、WARNER MUSIC KOREAは「歌手ジェイミーと専属契約を締結した。熱い情熱をもつジェイミーの無限の可能性と音楽的な実力を高く評価し、今後彼女がソロアーティストとして活発な活動を展開していけるように支援を惜しまない」と発表した。

これを受け、パク・ジミンは幼い頃から使ってきた英語の名前「ジェイミー」に芸名を変更し、ソロアーティストとして本格的な活動に乗り出す。

ジェイミーはSBS「K-POPスター」シーズン1で優勝し、2012年に15&として音楽界にデビューした。

これまで「I Dream」「Somebody」「Can't hide it」「Sugar」などのヒット曲を発表したことに続き、抜群の高音と爆発的な歌唱力で人々に愛されてきた。

その後、2015年に1stソロシングル「Hopeless Love」を始め、2016年に「19から20」、2018年に「jimin x jamie」、2019年に「Stay Beautiful」などを発売して実力派ミュージシャンとして地位を固め、Arirang TV「AFTERSCHOOL Club」のMCとして活躍するなど7年間、世界K-POPファンたちに存在感を知らせた。

WARNER MUSICには、コールドプレイ、エド・シーラン、アン・マリー、デュア・リパ、カーディ・B、クリストファーなど、有名な海外ポップアーティストらが所属している。

JYPパク・ジニョン代表、事務所を離れるパク・ジミンを応援…インスタで新曲をPR「誇らしい」

パク・ジミン、ドラマ「ハイバイ、ママ!」OSTに参加…「星のように輝く時間」を3月1日にリリース

記者 : イ・スンロク