コン・ヒョジン、変わらぬ魅力のグラビア公開…人気ドラマ「椿の花咲く頃」について語る

MYDAILY |

写真=「DAZED」
女優コン・ヒョジンがKBS 2TVドラマ「椿の花咲く頃」のトンベクの台詞のように「私は私自身を信じる」と伝えた。

マガジン「DAZED」は最近、コン・ヒョジンのグラビアを公開した。コン・ヒョジンは、多彩で自然なポーズで“グラビア職人”らしい姿を見せた。変わらない魅力で演技と共にスタイルアイコンとして愛されているコン・ヒョジンの現在を、十分に盛り込んだ。

昨年、デビュー20周年を迎えると同時にドラマ「椿の花咲く頃」で「2019 KBS 演技大賞」で大賞を受賞し、意味深い一年を過ごした彼女は、撮影現場でもベテランのオーラを発揮した。いくら顔を隠しても声と歩き方だけで人々に気づかれるという彼女は、それにもかかわらず“自由”と“信頼”という言葉を強調した。

「ドラマの後半でトンベクが言います。『いいえ、私は私自身を信じます』と。その台詞が素敵でした。私はいつからか私自身を信じて生きてきたようです。俳優は演技をする人だから『作品の中で私がどんな姿を見せても、応援してくれる人々は、変わらず応援してくれるだろう』という信頼ができたのです。私はその時から本物の自由を得るようになりました。実はその前からも結構自由な俳優だったけれど、その時に初めて『あ、これが自由なんだ』と感じました」

一方、ファッションセンスがいいという言葉は、もう聞き飽きたほどであろう彼女は、ファッションについてこのように答えた。「私は誰かが見た時に、抱きしめたいと感じる服を着たいです。不便に見える服を着ていると、そのような印象を与えることができないでしょう。抱きしめると洗濯物の匂いがして、感触が柔らかくて、触った時に気持ちいい服が好きです。また、全体的に見た時のテクスチャーやカラーの調和が一番大事だと思います」

コン・ヒョジンは昨年、KBS 2TVドラマ「椿の花咲く頃」でトンベク役を演じて多くの人々に愛された。

記者 : チョン・ジヒョン