「一度行ってきました」イ・ミンジョン&イ・サンヨプ、悩んだ末に2人揃ってテレビ番組に出演

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「一度行ってきました」放送画面キャプチャー
KBS 2TV週末ドラマ「一度行ってきました」で登場人物たちの関係がさらに複雑に絡み合った。

19日に韓国で放送された「一度行ってきました」では、テレビ番組出演を悩むソン・ナヒ(イ・ミンジョン)とユン・ギュジン(イ・サンヨプ)の姿が描かれた。“夫婦ケミ(ケミストリー、相手との相性)”がコンセプトであるだけに、二人を強力に勧めた病院長(ソン・ジョンハク)と、出演できないという二人の意見が対立したのだ。離婚の事実を知らせて出演しないか、それを隠して出演するか、どちらか一つを選ばなければならない岐路に立たされた。

離婚を告白すると決心したソン・ナヒは、母親チャン・オクブン(チャ・ファヨン)に率直に話すために二人だけの時間を作った。娘とのデートにチャン・オクブンは喜ぶ一方、デート中にユン・ギュジンに言及して娘婿に対する格別な愛情を示し、視聴者たちを心配させた。

これに気が弱くなったソン・ナヒは「言わないと。絶対に言うべきだ」と気を引き締めたが、細かいことでもユン・ギュジンを思う母親の姿に結局、離婚事実を明かすことができなかった。結局ソン・ナヒは「出演しますよ、番組に」と伝え、新しい展開を知らせた。

一方チョヨン(イ・ジョンウン)は商人会に加入しないと宣言した。華やかなファッションとヘアスタイル、立て看板の変更を要求する商人たちの無理強いに呆れたのだ。しかし店に出たゴキブリに困惑したチョヨンは、ソン・ヨンダル(チョン・ホジン)に商人会に加入するから消毒してほしいと頼んで笑いを誘った。このような状況でも髪のボリュームは諦められないと話し、愉快さを与えた。

ドラマの後半にはソン・ナヒ、ユン・ギュジン、イ・ジョンロク(アレックス)の出会いが描かれて緊張感を与えた。ソン・ナヒとユン・ギュジンはイ・ジョンロクがパネラーとして一緒に出演するという事実を知らなかったが、イ・ジョンロクは事前に知っていたのだ。この時、とりわけソン・ナヒにだけ優しくする彼の態度にユン・ギュジンが怪しさを感じる姿で終わり、3人の関係が今後どのように展開されるのか期待を高めた。

「一度行ってきました」は韓国で毎週土曜日と日曜日の午後7時55分に放送されている。

記者 : チョン・ジヒョン