BTS(防弾少年団)「THE FACT MUSIC AWARDS」大賞を受賞…4冠達成に喜び“本当に幸せ!”(動画あり)

Newsen |

写真=「THE FACT MUSIC AWARDS」
防弾少年団が「THE FACT MUSIC AWARDS」大賞を含む4冠達成の喜びを伝えた。

「THE FACT MUSIC AWARDS(TMA)」組織委員会は13日午前、公式サイトを通じて、防弾少年団の受賞コメントを公開した。

防弾少年団は「THE FACT MUSIC AWARDS」で大賞をはじめ、今年のアーティスト賞、リスナーズ・チョイス賞、TMA人気賞まで4冠を獲得する快挙を成し遂げた。特に、昨年に続き2年連続で大賞を受賞し、圧倒的な人気を証明した。

リーダーのRMは「僕たちが『THE FACT MUSIC AWARDS』で大賞、リスナーズ・チョイス賞、今年のアーティスト賞、そしてTMA人気賞まで4冠を獲得した。こんなに大きな愛を受けることになり嬉しくて、本当に幸せだ」と心境を語った。

ジンは「ARMY(防弾少年団のファン)の皆さん、そして僕たちの音楽を聴いて愛してくださったすべての方々に心からの感謝と、愛していると伝えたい」と話し、SUGAは「ARMYがいるからこそ、今僕たちがこのように幸せに歌ってステージに立つことができると思う。いつも変わらない大きな愛を送ってくださってありがたい」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

また、J-HOPEは「僕たちのアルバム『MAP OF THE SOUL:7』もたくさん愛してくださってありがたい。遠くからいつも応援してくださるARMYの皆さん、早く会いたいです。愛しています」と愛情を込めたメッセージを伝え、ジミンは「僕たちが輝くことができるように、いつも目に見えない場所で頑張ってくださるパン・シヒョク代表とBig Hitエンターテインメントの方々にも感謝を言いたい」とコメントした。

続いてVとジョングクは、「貴重な賞をくださっただけに、僕たちもいつも同じ場所で、もっと良い音楽とステージでお応えできるように努力する。これからも良い姿をたくさんお見せするので、見守って応援してほしい」と話した。

「THE FACT MUSIC AWARDS」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインで授賞が行われた。審査は2019年1月から12月までの集計結果を基準に行われ、審査員にはTHE FACT編集局長パク・スンギュ、パク・グンテプロデューサー、チョ・ヨンスプロデューサー、作詞家キム・イナが参加した。

組織委員会は、2020年1月からの点数集計をもとに、今年下半期に「2020 THE FACT MUSIC AWARDS」を新たに開催する予定だ。

「THE FACT MUSIC AWARDS」新型コロナ感染拡大で異例のネット開催…今年の受賞者は?

防弾少年団、コンサートを無料で鑑賞!オンラインストリーミングフェスティバルが開催決定…発表にファン歓喜

記者 : キム・ミョンミ