パク・ソジュン、JTBC「オンキャペーン」ナレーションに参加…新型コロナウイルス拡散防止のメッセージ(動画あり)

OSEN |

写真=OSEN DB
俳優パク・ソジュンが、JTBC「オンキャンペーン」にナレーターとして参加し、新型コロナウイルス拡散防止のメッセージを発信した。

パク・ソジュンが参加したJTBC「オンキャンペーン」は、新型コロナウイルスで大変な時期を過ごしている国民に向けた慰めのメッセージを伝える。

まず、映像の中では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、キム・ジョンギ画伯のライブドローイングが繰り広げられる。スケッチなしに即座で素早く絵を完成させていくキム・ジョンギ画伯は、今回のキャンペーンのために新型コロナウイルスによる苦痛とそれに打ち勝つ過程をペンで描いた。特に新型コロナウイルスに賢く対応している市民たちと、最前線でこれを助ける各界の英雄たちの姿が印象的だ。横1.5m、縦1mのキャンバスに描かれ、2日間に渡って14時間で完成した。

キム・ジョンギ画伯のドローイングが続いている間、パク・ソジュンは「一人で痛くないように、一人で悲しくないように、一緒に歩いている今、痛みの終わりは遠くありません」と印象的なコメントを残す。「梨泰院(イテウォン)クラス」で聞かせた凛々しくパワフルな声そのままだ。厳しい状況を乗り越えて、社会的な成功を収めたドラマの中のキャラクターパク・セロイのイメージとオーバーラップされて、人々に感動を与える。パク・ソジュンは今回のキャンペーンにチャリティーとして参加した。

JTBC「オンキャンペーン」は、純韓国語では「すべて」、漢字では「ぬくもり」を意味する文字「オン」が持つさまざまな意味を反映して、世の中に温かい心を伝えるという趣旨で企画される。新型コロナウイルス拡散防止のメッセージを込めたJTBC「オンキャンペーン」の映像は、本日(6日)からJTBCチャンネルを通じて公開された。

記者 : カン・ソジョン