「天気が良ければ訪ねて行きます」ソ・ガンジュン、カン・ジンフィの提案に当惑

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「天気が良ければ訪ねて行きます」放送画面キャプチャー
「天気が良ければ訪ねて行きます」でソ・ガンジュンが叔父ギルドン(カン・ジンフィ)と会い、一緒に暮らそうという叔父の言葉に戸惑った。

31日に韓国で放送されたJTBC月火ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」でウンソプ(ソ・ガンジュン)は、自身のもとを訪ねてきた叔父を見て嬉しくなさそうな様子を見せた。彼が幼い頃一緒に撮った写真を取り出して「しっかりしろ。お前と血が繋がっているのは僕だ。僕たちが血が繋がっているから互いに引かれるってことだ」とウンソプを刺激した。

そして、ウンソプに「僕とどこかへ行こう。ここから遠く」と話し、ウンソプは「一緒に船に乗るなら……」とためらった。しかし、彼は「そんなことと似たようなもんだ。結局最後は血筋だ」と強調した。

家の前に来たヘウォン(パク・ミニョン)。ウンソプはヘウォンに「ちょっと行ってくる」と言った。しかし、ヘウォンは「嫌だ」と言いながらも「行ってらっしゃい」とウンソプの意思に従った。ウンソプは共にするフリーマーケットのことを心配したが、ヘウォンは「私がやればいい」とウンソプを安心させた。

朝、前を通っていたイム・フィ(キム・ファンヒ)がこれを目撃した。イム・フィはウンソプに「絶対行かないで、行ったら死ぬ」と切羽詰まった声で叫んだ。ウンソプはそれをすべて聞いたが、イム・フィがなぜそんなことを言っているのか理解できなかった。

イム・フィは急いでユン・ヨジョン(ナム・ギエ)とイム・ジョンピル(カン・シニル)にこの事実を伝えた。イム・フィは「ウンソプを連れて行こうとしている。ウンソプがついて行った」とし「むしろお金をせびった方がマシだ」と悔しがった。

ウンソプが叔父について行った間、フリーマーケットの様子が描かれた。ヘウォンはウンソプを待っていたが、イム・フィは「ウンソプが戻ってくると思うか」とし「私は違うと思う。ウンソプはあのおじさんととても遠くまで行く」と言った。ヘウォンは「今夜帰ってくると連絡が来た」と戸惑い、イム・フィは「イム・ウンソプ、今回はちょっと違う。今回はきっと戻ってこないと思う」と言い、へウォンは不安になった。

ウンソプの叔父は、ウンソプと海辺へ向かった。そして「船には乗らない。僕はお前と一緒に暮らす」と話した。

叔父はウンソプに「お前が幼い頃本が大好きで、本を持って行けばとても喜んだ。それで本屋が入っているビルを買った」とし「お前からガソリン代としてもらったお金と船に乗って稼いだお金を全部合わせた」とビルの前に立った。ウンソプは「あれを買ったんですか?」と当惑した。

記者 : キム・スヒョン