防弾少年団「The Late Late Show with James Corden」特番に出演…世界中の人々へ贈った応援メッセージ

OSEN |

写真=「The Late Late Show with James Corden」放送画面キャプチャー
防弾少年団が米CBSの有名トークショー「The Late Late Show with James Corden(レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン)」のスペシャル番組に出演し、ファンと世界中の視聴者に応援のメッセージを伝えた。

防弾少年団は30日(現地時間)、「HOMEFEST: JAMES CORDEN'S LATE LATE SHOW SPECIAL」に韓国代表として出演し、司会者のジェームズ・コーデンとテレビ電話で会話した。同日「The Late Late Show with James Corden」は全世界に広がっている新型コロナウィルス拡散を防ぐため企画された特番として放送された。

ジェームズ・コーデンは「こうして会えて嬉しい」と安否を尋ね、防弾少年団は「僕たちも嬉しい。元気に過ごしている」と答えた。

コーデンは韓国の雰囲気について質問し、RMは「今、世界の全ての人々にとって大変な時期だと思う。でも、お互いへの結束や配慮、協力を見せている」と答えた。

「世界中のファンと自宅にいる視聴者たちに言いたいことがあるか」というコーデンの質問にVは、「ARMYの皆さん、元気に過ごしていますか? とても会いたいし、早く会いたいです」と言った。RMは「社会的距離がもっとも重要な時期だが、ここでもこんなに皆様と繋がることができてありがたい。今、孤立しているように見えても、我々は状況、勇気、笑いで繋がっている」と応援のメッセージを伝えた。

コーデンは防弾少年団に歌をお願いし、SUGAは「『Boy With Luv(Feat. Halsey)』を歌う」と紹介した。

その後、メンバーは練習室で昨年4月にリリースしたミニアルバム「MAP OF THE SOUL : PERSONA」のタイトル曲「Boy With Luv」を熱唱し、全世界の視聴者を応援した。

この日の「The Late Late Show with James Corden」では、防弾少年団の他にもビリー・アイリッシュ、ジョン・レジェンド、マジシャンのデビッド・ブレイン、イタリアの声楽家アンドレア・ボチェッリ、イギリスのポップスターのデュア・リパ、アメリカの映画俳優ベン・プラットなどが自宅でライブを披露した。

記者 : イ・スンフン