「365:運命をさかのぼる1年」イ・ジュニョク&ナム・ジヒョン、キム・ジス&ヤン・ドングンの繋がりに衝撃

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「365:運命をさかのぼる1年」放送画面キャプチャー
MBCドラマ「365:運命をさかのぼる1年」がますます迷宮入りになった。

30日に韓国で放送された「365:運命をさかのぼる1年」では、チ・ヒョンジュ(イ・ジュニョク)とシン・ガヒョン(ナム・ジヒョン)が、誤解を解いてリセットの秘密を暴くためにイ・シン(キム・ジス)に近づいていく姿が公開された。

しかし、イ・シンが逆にチ・ヒョンジュに「私もあなたに頼みたいことがあります」と、リセットに参加した人物たちの情報を探してほしいと要請したのだ。シン・ガヒョンはイ・シンの行動に「一体、魂胆はなんでしょうか」と疑問を示した。結局、チ・ヒョンジュとシン・ガヒョンはパートナーになって、真実を明かすことに決心した。

その間、ペ・ジョンテ(ヤン・ドングン)が通り魔たちに拉致されたが、辛うじて逃げた事件が発生した。一方、この事実を知らなかったチ・ヒョンジュとシン・ガヒョンはペ・ジョンテの行方を追ったが、特にシン・ガヒョンはペ・ジョンテの宿所で彼がこれまで、自身をはじめ、リセットに参加した人物たちを秘密裏に監察してきたことを知って衝撃を受けた。

その瞬間、イ・シンがペ・ジョンテの携帯に連絡し、シン・ガヒョンが電話に受けたことを知らなかったイ・シンは「整理しなさい」と指示した。イ・シンはペ・ジョンテではないということを知って急に電話を切ったが、シン・ガヒョンはイ・シンとペ・ジョンテの関係をすでに疑い始めた。

最後のシーンでは正体不明の人物がチ・ヒョンジュの前に現れて彼を脅かし、シン・ガヒョンは誰かが自身に近づいてきたことに気づいて驚く姿で終わった。

記者 : イ・スンロク