防弾少年団、悪質なネットユーザーに引き続き法的対応を進行中「合意には応じない…罰金刑の宣告も」

Newsen |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメントが、防弾少年団に悪質な書き込みをしたネットユーザーへの法的対応を引き続き行っている。一部のネットユーザーは罰金刑を言い渡された。

Big Hitエンターテインメントは30日、ファンコミュニティを通じて「アーティストの権利侵害に関する法的対応の進捗状況に関するお知らせ」という文章を掲載した。

Big Hitエンターテインメントは「以前お知らせした通り、弊社はファンの皆様の情報提供と内部でのモニタリングを通じて収集した証拠資料をもとに、捜査機関に数回告訴状を提出しました。捜査機関で多数の被疑者の身元を確保し、一部の被疑者には罰金刑が言い渡され、その他の被疑者に対しては、調査が行われています。捜査機関の要請で具体的な捜査の過程や進捗状況、処罰の内容などを公開することは難しいですが、現在順次処罰が行われていることをお知らせ致します。被疑者の中には代理人を選任して謝罪し、合意を要請する場合もありましたが、いかなる場合にも合意や善処はありません」と伝えた。

続けて「今年新たに確保した悪質な書き込みを基に告訴状を提出し、捜査機関が最近正式な捜査に着手しました。これまで法的対応を行ったにもかかわらず、悪質な書き込みの投稿を続ける人は、追加で告訴しました」とつけ加えた。

防弾少年団、悪質なネットユーザーに罰金刑も…さらなる強硬な対応を予告「善処はない」

防弾少年団、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアメリカツアーが延期に…Big Hitがコメントを発表

【Big Hitエンターテインメント 公式コメント全文】

Big Hitエンターテインメントです。

当社は、防弾少年団に対する悪意ある誹謗中傷、虚偽事実の流布、セクハラ、侮辱及び名誉毀損の投稿に対し、定期的に法的対応を行っています。これに関する進捗状況をお知らせ致します。

以前お知らせした通り、弊社はファンの皆様の情報提供と内部でのモニタリングを通じて収集した証拠資料をもとに、捜査機関に数回告訴状を提出しました。

捜査機関で多数の被疑者の身元を確保し、一部の被疑者には罰金刑が言い渡され、その他の被疑者に対しては調査が行われています。

捜査機関の要請で、具体的な捜査の過程や進捗状況、処罰の内容などを公開することは難しいですが、現在順次処罰が行われていることをお知らせ致します。

被疑者の中には代理人を選任して謝罪し、合意を要請する場合もありましたが、いかなる場合にも合意や善処はありません。

また、今年新たに確保した悪質な書き込みを基に告訴状を提出し、捜査機関が最近正式な捜査に着手しました。これまで法的対応を行ったにもかかわらず、悪質な書き込みを続ける人は、追加で告訴しました。

当社はこれからもファンの皆様の情報提供と内部でのモニタリングを通じて、継続的かつ定期的に法的対応を行う予定です。

今年からは内部で設けた手続きに従って法的対応の周期を短縮し、より厳正にアーティストを保護する計画です。

Big Hitエンターテインメントの法的対応アカウント(protect@bighitcorp.com)まで積極的な情報提供をお願い致します。

アーティストの権益保護のためこれからも絶えず努力します。

ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン