ソ・ヒョンジン&ラ・ミラン主演、ドラマ「ブラックドッグ」5月13日よりLaLa TVで日本初放送

KSTYLE |

(C) STUDIO DRAGON CORPORATION
「僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~」で主演を務め、ラブコメの女神と称される若手実力派女優ソ・ヒョンジンと、「恋のスケッチ~応答せよ 1988~」や「私たちが出会った奇跡」など、存在感ある演技に定評のあるベテラン女優ラ・ミランのW主演の韓国ドラマ「ブラックドッグ(原題)」が、女性チャンネル♪LaLa TVで5月13日(水)よりノーカット字幕版で日本初放送されることが決定した。この放送に先駆け、GWの5月3日(日)13:45からは、第1話が先行放送される。

本作は、2019年12月~2020年2月までの間、韓国のケーブルTV(tvN)で放送されたばかりの最新ドラマ。ある理由から非正規の新米高校教師となった女性コ・ハヌル(ソ・ヒョンジン)が、コネ採用とあらぬ噂を立てられ孤立しながらも、所属する進学部⾧のパク・ソンスン(ラ・ミラン)をはじめとする周りの人々に鼓舞され奮闘し、成⾧する感動のヒューマンドラマだ。

■放送情報
「ブラックドッグ(原題)」ノーカット字幕版
放送日時:5月13日(水)スタート
毎週(月)~(金)13:30~15:15
再放送:同日 21:30~23:15
※第1話のみ5月3日(日)13:45~先行放送あり
(全16話)

出演:ソ・ヒョンジン、ラ・ミラン、ハジュン、ユ・ミンギュ ほか

<あらすじ>
バスで修学旅行に向かう途中、交通事故に遭ったハヌル(ソ・ヒョンジン)たち一行。足を怪我していたハヌルの救出に真っ先に立ち向かったのは、非正規雇用の教師だった。勇敢な彼の行動によりハヌルは無事救出されたが、彼は帰らぬ人となってしまう。危険を顧みず救ってくれた恩師の志に強く心を動かされ、ハヌルは教師を目指すようになる。何度もチャレンジするも採用とはいかず諦めかけていた時、採用の連絡が来るものの、“1年間の契約採用”という条件付きだった。職場では “親戚のコネ採用”とあらぬ噂が広まり、孤立してしまうハヌル。彼女は噂を否定するも、誰も彼女の言葉には耳を傾けようとしなかった。自分の居場所が無いハヌルは学校をやめようと決心するが、進学部部⾧のソンスン(ラ・ミラン)に鼓舞され、本来目指していたものに気づき奮闘する……。

■関連リンク
公式ホームページ:https://www.lala.tv/blackdog/

記者 : Kstyle編集部