防弾少年団、番組出演なしで「音楽中心」5週連続1位を獲得!Wanna One出身カン・ダニエル&オン・ソンウがカムバック

TVREPORT |

防弾少年団が「ショー!音楽中心」で1位を記録し、Wanna One出身カン・ダニエルとオン・ソンウがカムバックした。

韓国で28日に放送されたMBC「ショー!音楽中心」で防弾少年団の「ON」は放送出演なしで1位を記録した。

この日の1位候補には防弾少年団の「ON」、ITZYの「Wanna be」、Block B ジコの「Any song」が挙がった。

写真=MBC「ショー!音楽中心」画面キャプチャー
一方で、この日はWanna Oneのメンバーとして一緒に活動したカン・ダニエルとオン・ソンウが同時にカムバックし善意の競争を繰り広げることになり、注目を集めた。

オン・ソンウは「GUESS WHO」と「GRAVITY」でカムバックステージを披露し“オンビード”(オン・ソンウ+ダビッド)の魅力が輝いた。彼は一人でもカリスマ性でステージをいっぱいに満たした。

「GRAVITY」は“君に惹かれて得られた新しい勇気”を歌った曲で、オン・ソンウのパフォーマンスが曲の魅力を倍増させた。

カン・ダニエルは「Jealous」と「2U」でカムバックステージを披露した。まず、カン・ダニエルは彼ならではの独歩的なパフォーマンスを繰り広げながら爽やかなエネルギーで春の到来を知らせた。

タイトル曲「2U」は夢に向かって走る過程で疲れた、あるいは少し寂しい気分を感じる人に「君という理由それだけで君を愛してくれる人がそばにいる」と伝える曲だ。弾けるシンスサウンドと春の風を連想させる軽快なリズムが印象的な、春にぴったりの曲だ。

またONEUSは「簡単に書かれた歌」、Kiwiは「1位(primero)」でそれぞれカムバックした。

この日の「ショー!音楽中心」には他にもNCT 127、gugudan セジョン, VICTON、ITZY、Dream Catcher、DONGKIZ、MCND、About U、リア、ヨンギ、K-Tigers ゼロ、ユヒ(シックエンジェル)などが出演した。

記者 : ソン・ヒョジョン