NTB ジェハ&ヒョビン、ユニットライブ「Bloom in JAPAN」が成功裏に終了…2人で20公演を完走

KSTYLE |

3月7日より開催されていたNTB ジェハ&ヒョビンのユニットライブ「Bloom in JAPAN」が、22日に全20回に渡る公演日程を無事終えた。

最終公演では、オープニングからNTBオリジナル曲の中でも特に盛り上がる「DRAMATIC」「비춰줄게(照らしてあげる)」からスタート!

ヒョビンが「みなさん最後だよー! 立ってー! 思いっきり盛り上がりましょうー!」と声をかけると会場は総立ちになり、赤いペンライトを振りかざし、最初から熱く盛り上がった。

「今回のクール最後のライブです。ちょっと感動して僕たちも泣いちゃうかもしれないけど、みなさんは自由に泣いてもいいですよ!」とヒョビンが笑顔で挨拶すると、「いつもヒョビンは泣きたくても1人でクールな振りして我慢するから、今日も我慢するはず(笑)」とジェハが冗談を言い、いつも通りのテンポのいいトークが繰り広げられた。

次のステージは2人のスタイルにぴったりなセクシーでアップテンポの曲。思う存分に、ファン達の求める彼らの魅力を見せつけた。

大人気のトークコーナーは、ファンから寄せられた「願い事」をかなえるというもの。数々の大会で賞もとったことのあるジェハへ「テコンドーを見せて」、いつも笑顔でかわいいヒョビンへ「可愛いポーズを見せて」などの願いが寄せられた。「K-POPアーティストで好きな人を教えて」という願いにはお互いだと言い合ったり、「今すぐ歌を作って」など、様々なファンからのお願いに次々と惜しげもなく応えるサービス精神旺盛なNTBに、終始会場は黄色い歓声と笑顔に包まれた。

さらにここでファンからのサプライズが! バラードステージに突入するやいなや、一斉に「これからも一緒に花を咲かせよう」とハングルで書かれたスローガンを会場全員が掲げた。いつもはアンコールのタイミングでスローガンが登場するが、思いもよらないタイミングでの突然のスローガンに2人は顔をほころばせ、しっかりとみつめながら心をこめて歌い上げた。

また、ジェハは「2人だけで10日間、20回の公演をやったのは今までで最多。長いんじゃないかなと思ったけど今思えばすごくあっという間でした」と明かした。また、ヒョビンは「学生時代は制服がかっこよくて評判がいいと思わなかったから、今回の制服イベントは自分自身も楽しみだった。さみしいし、楽しいし、いろんな感情がミックスしていますが、またすぐに会いましょう」と話した。

ファン達への想いを語ると、後半は天井が割れるほどの歓声を浴びながら、激しいダンス曲の連続。セクシーで息の合った熱いステージ! 今回のライブタイトルの「Bloom in JAPAN」のように、爽やかでパワフルな風を吹かせて幕を下ろした。

NTBはこれからもかっこよく楽しい時間をみなさまにお届けするだろう。今後の活動にも注目して欲しい。

■ライブ情報
「~NTB JAEHA&HYOBIN DUET LIVE in JAPAN -Bloom in JAPAN-~」
<日時>
3月7日(土)①15:00 ②20:00
3月8日(日)①15:00 ②20:00
3月10日(火)①15:00 ②20:00
3月12日(木)①15:00 ②20:00
3月14日(土)①12:30 ②17:30
3月15日(日)①12:30 ②17:30
3月18日(水)①15:00 ②20:00
3月19日(木)①15:00 ②20:00
3月21日(土)①12:30 ②17:30
3月22日(日)①12:30 ②17:30

<会場>
K-stageO!(東京都新宿区大久保1-8-4 3F)

■関連サイト
NTB公式サイト:http://ntb-official.jp

記者 : Kstyle編集部