イ・ミンホ&ウ・ドファン、新ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」ドキドキの密着2ショット…スチールカット公開

OSEN |

写真=Hwa&Damピクチャーズ
「ザ・キング:永遠の君主」で俳優イ・ミンホとウ・ドファンのきわどい密着シーンが公開され、ブロマンス(男同士の友情)の始まりを告げた。

4月に韓国で放送がスタートするSBS新金土ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」(脚本:キム・ウンスク、演出:ペク・サンフン、チョン・ジヒョン)は、次元の門を閉めようとする理系型の大韓帝国の皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の刑事チョン・テウル(キム・ゴウン)が両世界を行き来しながら描く別次元のファンタジーラブストーリーだ。韓国最高のストーリーテラーキム・ウンスク脚本家と「恋するジェネレーション」「太陽の末裔 Love Under The Sun」のペク・サンフン監督、「検索ワードを入力してください:WWW」のチョン・ジヒョン監督が意気投合し、2020年最高の期待作として話題を集めている。

何より「ザ・キング:永遠の君主」で優れたオーラを放つイ・ミンホとウ・ドファンはそれぞれ大韓帝国の皇帝イ・ゴン役と大韓帝国皇室近衛隊の大将チョ・ヨン役に扮し、次元の違うブロマンスを披露する。2人は幼い頃、“大韓帝国の皇室”で君主と臣下として出会い、曲折を経て実の兄弟のような仲になり、謹厳な皇室で唯一、気の許せる“オアシス”のような存在になった。大韓帝国の皇帝イ・ゴンと皇帝の「天下第一剣」チョ・ヨンが披露する大韓帝国皇室のブロマンスに期待が高まっている。

これと関連し、イ・ミンホとウ・ドファンがツーショットを披露し、目を奪った。劇中で2人が皇帝の書斎の中で超接近ショットを披露しているシーンだ。普段の威厳のある冷静な表情を切り捨てた皇帝イ・ゴンは、柔らかな表情でチョ・ヨンに顔を突きつけ、茶目っ気たっぷりの意外な魅力を披露した。

一方、警護する時の鋭い姿を切り捨てたチョ・ヨンは、イ・ゴンの突発的な行動に戸惑いを隠さなかった。ただ見ているだけでドキドキする“超密着ツーショット”が、これから2人が発揮する相乗効果を予告し、期待をより一層高めている。

イ・ミンホとウ・ドファンのブロマンスが際立つシーンは京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)市にあるセット現場で撮影された。イ・ミンホとウ・ドファンは「ザ・キング:永遠の君主」を通じて初共演であるにもかかわらず、信じられないほど息ぴったりな姿で熱演を繰り広げ、現場の雰囲気を盛り上げた。先輩だが、リラックスした雰囲気をつくるイ・ミンホとそんなイ・ミンホに従うウ・ドファンが本当の兄弟のような親友のケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露し、現場のいたるところに活気を吹き込んでいる。特に撮影を準備しながら阿吽の呼吸を披露した2人は、速いスピードで映像を作り上げた。

制作会社Hwa&Damピクチャーズは「イ・ミンホとウ・ドファンはこれまで見たことのない皇帝と近衛隊大将のソウルメイトの姿を自然に表現し、撮影が行われている間、ずっと温かい雰囲気を醸し出した」とし、「『ザ・キング:永遠の君主』を通じて新しい演技に挑戦したイ・ミンホとウ・ドファンの活躍に注目してほしい」と伝えた。

「ザ・キング:永遠の君主」は全16話で、「ハイエナ」の後番組として韓国で来月から放送される予定だ。

記者 : ソン・ミギョン