防弾少年団、新曲「Stay Gold」がドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」主題歌に!主演の田中圭も絶賛“とにかくものすごくカッコいい曲”

KSTYLE |

防弾少年団の新曲「Stay Gold」がテレビ東京系列2020年4月クールの金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」の主題歌に決定した。

防弾少年団が日本のドラマで主題歌を務めるのはドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の主題歌「Don't Leave Me」以来2年ぶりとなる。

新曲「Stay Gold」は、防弾少年団にとって昨年大ヒットしたシングル「Lights」(2019年7月発売:シングル「Lighst/Boy With Luv」収録)以来の日本オリジナル曲で、ドラマの世界観を彩るミディアムナンバーとなっている。今夏発売予定の日本4枚目のニューアルバムに収録予定となっており、その全貌が待たれる。

ドラマの原作は、小学館ビッグコミック増刊号で連載された人気漫画で、作:夏緑(なつ みどり)、画:菊田洋之の「らせんの 迷宮―遺伝子捜査―」。「DNAは嘘をつかない」が口癖で、32億桁の遺伝子配列を記憶するという天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女とともに、難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝子捜査の裏にある人間の業に迫るミステリー。

主人公の天才遺伝子科学者・神保仁を田中圭、神保と事件解決のためタッグを組む熱血刑事・安堂源次を安田顕が演じる。さらに、2人を取り巻く個性豊かなキャラクターを演じるレギュラーキャストには、倉科カナ、渡辺いっけい、中田圭祐、松坂慶子らが決定している。

豊富な知識と推理力で難事件を解決していく“ミステリードラマ”として、また医療や健康などDNAプチ情報満載の家族みんなで楽しく学べる“情報ドラマ”として、そして、遺伝子捜査の裏にある深い人間ドラマに感動する“ヒューマンドラマ”として、幅広い層が楽しめるエンターテインメントドラマの新シリーズだ。

そして、ドラマのポスタービジュアルが本日公開となった。4月24日の初回放送に期待が高まる。

<BTSメンバーよりコメント>
――「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」主題歌が決まっての感想
ドラマ「らせんの迷宮」の主題歌に参加させていただけて嬉しいです。多くの方々に愛と関心を持っていただければと思います。「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」そして「Stay Gold」、是非楽しみにしてください!

――「Stay Gold」の聴きどころ
叙情的な歌詞であり誰でも歌いやすい明るい曲です。「Stay Gold」は「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」のストーリーと雰囲気によく合う楽曲ですので、ドラマと一緒に楽しんでください!

――楽しみに待っている視聴者の方へメッセージ
ドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」のテーマ曲を通じて、多くのファンの方々にご挨拶させていただくことになりました。僕たちの歌を楽しみながら、ドラマも楽しんでいただければと思います。

<田中圭(主人公・神保仁役)よりコメント>
とにかくものすごくカッコいい曲で、すごく耳と心に残りますし、衝撃を受けました。すごく好きな曲です。ただ、よく聴くとゴリゴリのミディアムナンバーです。ミディアムナンバー向きのドラマなのかどうか、まだ分かりませんが、一見違うものの融合が、新しい盛り上がりを見せてくれるだろうと思っていますし、この曲のように、“Stay Gold”なドラマになるようにスタッフキャスト一丸となって頑張ります。そして、自分の周りでもBTSさんは人気があるので、みんなに「ドラマを見るように」と力強く念押ししようと思います。

■放送情報
金曜8時のドラマ「らせんの迷宮~DNA科学捜査~」
2020年4月24日(金)放送スタート(初回2時間SP)

放送時間:毎週金曜よる8時
放送局:テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
原作:作:夏緑、画:菊田洋之「らせんの迷宮―遺伝子捜査―」(小学館)
出演:田中圭、安田顕、倉科カナ、中田圭祐、渡辺いっけい、松坂慶子
脚本:黒岩勉、酒井雅秋、福田哲平
監督:岩本仁志、西村了、高橋貴司
チーフプロデューサー:濱谷晃一(テレビ東京)
プロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)尾上貴洋(AX-ON)
製作:テレビ東京 AX-ON

<あらすじ>
都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田顕)は捜査から外された。かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。そこで捜査本部には内密に、天才科学者と云われる神保仁(田中圭)に捜査の協力を要請する。事件の解決に全く興味を示さない神保。何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。しかし徐々に息の合い始める二人。そして二人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見出す。そんな中、「殺人鬼 X」による更なる殺人が起きてしまう……。

■関連サイト
公式HP:https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/

記者 : Kstyle編集部