ONEUS、1stシングル「IN ITS TIME」でカムバック“願い事を書いてタイムカプセルに…1年後に開けようと保管している”

TVREPORT |

写真=RBW
アイドルグループに最終目標が何かと聞くと「世界的に有名なチームになること」のようなしっかりとした抱負が盛り込まれた答えをよく聞く。最近、ソウル江南(カンナム)区TVレポート社屋で出会ったグループONEUSは「幸せが目標」とし「最高ではなく、唯一な音楽がしたいです。それができれば、本当に幸せだと思います」と話した。そんなONEUSの目から、彼らの音楽に対する固い信頼が感じられた。

これに先立ち「Valkyrie」「Twilight」「LIT」で華麗なパフォーマンスはもちろん、神話的なコンセプトから、東洋の美が感じられるコンセプトまで様々な姿を見せてくれたONEUS。24日に公開されたデビュー後初めてとなるシングル「IN ITS TIME」も彼らだけの色で埋め尽くした。

「『ONEUSはどんなジャンルの音楽をやっても、自分たちだけのスタイルで上手くこなせるんだ』と言われることができれば、本当にありがたいと思います。そのような話を聞く事が今回の活動の目標でもあります。どんな色でも僕たちを通して新しくなり、最高じゃなくても唯一な音楽を引き続きやっていくことができれば、幸せに音楽をやっていけると思います。海外に出たとき、『Do You Know ONEUS?』と誇らしげに出せる時まで、頑張ります」とファンウンは伝えた。

「IN ITS TIME」は以前の「US」シリーズ3部作のテーマだった光、時間、空間で完成させたONEUSの色で塗りつぶしていく新しい始まりを盛り込んだアルバムだ。タイトル曲「A Song Written Easily」。リズミカルなバウンスと口笛のテーマで特定の単語だけでは定義できない別れの感情を表現した。これまでONEUSが見せていた強烈さと180度異なる感情的で繊細な姿を見ることができる。もちろん、ONEUSの成長と自信も加わった。

コンヒは「僕たちに多様な成長の可能性があるということをお見せしたいです。歌詞を表現した繊細なパフォーマンスが、新しくお見せできる部分です。歌のタイトルのように簡単に見ることができ、柔らかさを感じられるステージになりそうです。強烈な振付より、ゆっくり力を入れる振付がディテールな部分により気を使うようになります。今回の曲は僕たち6人が揃ってこそ完成する曲で、僕たちの声だけで作り出せる色ができたと思います。ONEUSだけの別れソングになればと思います!」と自信を伝えた。

これまで見せたことのない新たな音楽で戻ってくるのは一つの挑戦でもある。挑戦には期待とときめき、そして怖さが伴うもの。ONEUSも同じだった。

ファンウンは「タイトル曲を初めて聞いたとき、僕たちが歌う曲なんだろうかと思うぐらい、驚きました。一度も挑戦したことがないジャンルでもあるし、前回のアルバムと違って困惑したり、ちゃんとできるだろうかと悩んだりもしました。しかし、メンバーたちとステージを作っていき、上手く仕上がっているようで、自信がつきました。僕たちだけの色で上手く表現できそうです。満足度は10点満点で8点です。少し足りないところがあるからこそ、これからより発展できるのではないでしょうか?」と自身の考えを伝えた。

続いてメンバーのコンヒは「『LIT』で活動する時、その曲がオリエンタル的な雰囲気を持っていたので、大きな挑戦だと思いました。『どうしよう』という気持ちもありましたが、むしろファンの方が喜んでくださり、僕たちの色として認めてくださったことがありがたかったです。今回も新しい挑戦ではありますが、ONEUSの色として認められたいという期待が大きく、ファンの皆さんのおかげで挑戦が怖くありませんでした」と語った。

「A Song Written Easily」で集中すべきポイントは、歌詞と感情線の変化だと答えた。また、ステージ衣装が美しいことで有名なONEUSらしく、今回の活動衣装も楽しみなところ。

イドは「歌詞に集中していただけると嬉しいですね。別れに対するたくさんの感情を盛り込み、誰もが理解しやすい歌詞です」と伝え、RAVNも「ラップパートを書くとき、プロデューサーの方から『僕の息子でも一緒に歌える簡単なラップを書いてみて』と言われました。収録曲『Hide and Seek』のラップメイキングにも参加し、テーマが隠れんぼだったのですが、本当に楽しく作業しました。タイトル曲と一緒に出てくるとは思いませんでした」と伝えた。

ファンウンは「実際にタイトル曲の振付に、僕たちが作ったパフォーマンスもたくさん入りました。一番大事だと思ったのは、変わり続ける感情線を表現することでした」と伝え、続いてシオンも「これまで制服、韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装)をステージ衣装として披露してきましたが、今度はカジュアルファッションで、衣装も違う雰囲気です」と衣装についても答えてくれた。

ONEUSの衣装といえば、KBS 2TV「ミュージックバンク」出勤(収録に行くとき)の際、フォトウォールに立つたびにコスプレ大会を連想させるような多彩な衣装を着て登場していた彼ら。

「出勤衣装がすごかった」と話すと、笑いながら最初は会社の提案だったが、今ではメンバーたちが積極的に意見を出すと話した。一番注目を集めたのは「LIT」活動当時の「月」といえば思い出す宇宙飛行士、餅つきをするウサギ、宇宙人の衣装を披露した日だ。

ファンウンは「(宇宙人衣装に)空気を入れる必要があって、車でモーターを回して空気を入れたのですが、大変でした。完成して車からくしゃくしゃになりながら出て……しかも先にフォトウォールに来た他のアーティストさんがいて、待機してから入りました。少し恥ずかしかったです」と笑いながら伝えた。

続いてコンヒは「ウサギの足が大きすぎて、床に空間がありませんでした」と伝え、シオンも「小物が多すぎてあの日、車が一番狭くなりました」と可愛らしいエピソードを伝えた。

シオンは「6ヶ月ぶりのカムバックで、今年初めてのカムバックなのにファンの皆さんにステージをお見せすることができず、残念です。代わりに『V LIVE』や他のコンテンツで皆さんにお会いする予定なので、楽しみにしてください」と伝え、ファンウンも「お月様たち(ファンクラブ、TOMOONの愛称)、心配しないでください!」とファンへのメッセージを伝えた。

曲の雰囲気から活動環境まで、色々と変化が多いが同じ所属事務所の先輩グループMAMAMOOの応援があったのは変わらなかった。練習室で偶然会ったりすること以外、別途で会う機会は多くないが、カムバックのたび、MAMAMOOの関心を一身に受けているONEUS。

コンヒは「カムバックするたびに、先に僕たちの音楽を聞かせてほしい言ってくださいます。今回も本当に良い曲だと話してくださったと聞きました。本当に感謝しています」と伝えた。

ファンウンもMAMAMOOについて「後ろでずっと応援してくれている感じです」と先輩の印象を伝えた。

別れの感情と少し違う清涼さ、大自然の美しさが盛り込まれた「A Song Written Easily」のミュージックビデオの話も欠かせない。映像はニュージーランドで4日間撮影された。旅行もしたのかと聞くと、ONEUSは見物する時間がなかったと残念そうにしていたが、綺麗な風景を思いっきり楽しんできたと満足気な表情を見せた。

シオンは「自然そのものがとても綺麗で、僕たちで『絵に描いたようだ』という話をたくさんしました」と感想を伝え、ファンウンも「最後に空を見上げて視線を落とす振付があります。そのシーンを撮るとき、空を見ましたが、本当に夢の中にいるようでした」と感動した様子を見せた。

ニュージーランドでは旅行ができなかったが、最近、メンバー同士で日の出を見に江陵(カンヌン)に向かったという。しかし、残念ながら太陽が雲に隠れ、日は見られなかったという。日を見ることはできなかったが、それぞれ願いごとをしたというONEUS。

シオンは「願い事をしてお互いに何を願ったのか聞いてみましたが、話すと叶わないというので、来年それが叶ったのかについて話してみようということにしました」と答え、コンヒも「願い事を書いてタイムカプセルに入れて1年後に開けてみることにしました。今、会社で保管しています」と伝えた。

その願いの中に、音楽番組1位も入っているのではないかと思い、今回の活動曲で音楽番組1位になったらどんな公約を掲げるのかも聞いてみた。やはり、今回もONEUSらしく「いつも1位を目標にして活動しているわけではない」という予想を覆す答えを聞くことができた。

最後にメンバーのコンヒは「『公約(韓国語でコンヤクと読む)』だから、『こんにゃく』モクバン(食べる放送)をやってみたらどうかという話が出ました(笑)。音楽番組1位の公約になるのか、ミュージックビデオ再生回数の公約になるのかは分かりませんが、メンバーともっと話してみないとですし、会社とも議論しなければならないですね。僕たちで決めるよりは、ファンの皆さんに何をお見せしたらいいのか、考えてみないと……」と伝えた。

記者 : キム・ミンジ