「一緒に夕飯食べませんか?」ソン・スンホン、眼差し輝くスチールカットを公開…ときめきを予告

TVREPORT |

写真=(株)ビクトリーコンテンツ
韓国で5月に初放送予定のMBC新月火ドラマ「一緒に夕飯食べませんか?」が、ロマンスにぴったりな眼差しのソン・スンホンのスチールカットを公開した。

本日(24日)公開されたスチールカットで、キム・ヘギョン(ソン・スンホン)は気難しいという人物説明とは違って、深くてしっとりな眼差しで相手を見つめている。気難しくて冷たそうに見えるが、実はひっそりと相手を配慮するヘギョンの温かい面が表されるところだ。特に、ソン・スンホンならではの甘くて切ない眼差しはときめきを予告しながら期待感を刺激する。

「一緒に夕飯食べませんか?」は、別れの傷みと“一人文化”によって愛への感情が退化した二人の男女が、夕食を通じて感情を回復し愛を見つけていく内容の愉快なラブストーリーだ。久々にラブストーリーの主人公として帰ってきたソン・スンホンは気難しいながらも細かい、ギャップのある魅力で相手役であるソ・ジヘと甘くて苦々しい恋愛を繰り広げる予定だ。

「食べ物心理学」で相手を癒す精神科専門医キム・ヘギョンは、優れた実力とハンサムなルックスで有名な業界最高の“グルメ+脳セク男”(脳がセクシーな男)だ。ジェントルなマナーまで備えて依頼人たちの満足感は高いが、相談時間以外の時は気難しい人物。そんなヘギョンもただ一人、初恋であるチン・ノウル(Apink ソン・ナウン)には無条件的に愛を捧げる恋愛をした。しかし、ノウルは彼の愛を勝手に解釈して離れてしまった。その後、ヘギョンは長期の恋愛休業状態で、今は一人で食べる夕飯が一番楽な人になった。

ところがある日、失恋で傷ついたある女性に出会った。職業意識が発動した彼は「一緒に夕飯食べませんか?」と声をかけ、そうやってヘギョンとドヒ(ソ・ジヘ)は名前も知らないままひたすら美味しい食事のための出会いを始める。

ソン・スンホンのラブストーリー復帰とともにときめき指数を高めるMBC月火ドラマ「一緒に夕飯食べませんか?」 は、「365:運命を逆らう1年」の後番組として5月に初放送される。

記者 : ソン・ヒョジョン