カン・ドンウォン主演、映画「半島」2種のスチールカットを初公開…一触即発の緊張感

MYDAILY |

写真=NEW
映画「半島」が2種類のスチールを初公開した。

ヨン・サンホ監督の新作「半島」は「新感染 ファイナルエクスプレス」以来4年、廃墟になった土地に残された者たちが繰り広げる最後の戦いを描いたアクション大作だ。

本日(24日)初公開されたスチールは前代未聞の災難が発生して4年後、生き残ったジョンソク(カン・ドンウォン)と死なないゾンビたちの強烈なビジュアルで視線を集める。

まず、決意に満ちた眼差しで弾倉を装着した小銃を持っているジョンソクの姿は、一触即発の緊張感を与える。

これと共に、後先かまわず狂的に突っかかるゾンビたちの姿は「新感染 ファイナルエクスプレス」を超えるスケールとアクションを予告する。

また、プラットホームを行き来する万能ストーリーテラーであるヨン・サンホ監督が設計した世界観であるほど、廃墟になった土地で最後の戦いを繰り広げるようになった背景と、その中で展開されるストーリーに対する好奇心を刺激する。

「半島」は今夏、韓国と海外の主要国家で同時公開される。

記者 : キム・ナラ