放送開始「365:運命をさかのぼる1年」イ・ジュニョク&ナム・ジヒョン、時間旅行の始まり

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「365:運命をさかのぼる1年」放送画面キャプチャー
MBC新月火ドラマ「365:運命をさかのぼる1年」(脚本:イ・ソユン、イ・スギョン、演出:キム・ギョンヒ)がベールを脱いだ。

23日に韓国で初放送された「365:運命をさかのぼる1年」第1話では、刑事チ・ヒョンス(イ・ジュニョク)が凶悪犯のせいで仲間を失い、人気ウェブ漫画家シン・ガヒョン(ナム・ジヒョン)は、突然の事故で人生が逆転してしまう。2人の人生が一瞬にして崖っぷちに追い込まれたのだ。

そのような中、精神科専門医のイ・シン(キム・ジス)が、2人に謎めいた提案をした。過去に戻って人生を再起動するチャンスを与えるというのだ。いわゆる“リセット”であった。

“リセット”を提案された人々は、2人だけではなかった。イ・シンが言う“リセット”は、過去にタイムスリップする概念ではなかった。時空間の隙間を利用して、過去の自分に現在の記憶だけ移動するものであった。その代わりに、ルールは正確に1年前だけ可能であった。

「では、過去でお目にかかります」という言葉をきっかけに、彼らはそれぞれの事情を抱えて1年前の過去に戻った。

チ・ヒョンスは現在では死亡した仲間と再会して感激の抱擁を交わし、シン・ガヒョンは両足で再び歩けるようになると、喜びを隠せなかった。過去に戻った彼らは自分たちの生活の大切さを悟り、以前とは異なる生活を作っていた。

続いてチ・ヒョンスは、現在では自分の仲間を殺した犯人のもとを訪れた後に一緒に酒まで飲み、犯人はチ・ヒョンスと別れた後に犯行を実行しようとしていた。しかし、すでにすべてのことを知っていたチ・ヒョンスが犯行を阻止し、犯人は現場で逮捕された。過去のチ・ヒョンスが現在を変えたのである。

そしてチ・ヒョンスとシン・ガヒョンが偶然に出会った。シン・ガヒョンのウェブ漫画のファンだったチ・ヒョンスが、ペットの犬によって縁を続けた。ところがシン・ガヒョンが家に帰った瞬間、恋人が自分の友人と浮気をしている場面を目撃してしまった。過去に戻ったが、以前には知らなかった隠された秘密があったのだ。

最後のシーンは、過去から来た人たちが決められた時間が流れて、イ・シンに会いに行った。イ・シンは、過去に戻ったメンバーの中の一人が死亡したという衝撃的なニュースを発表した。死亡の理由が明らかにされないまま最初の放送が終わって、次回の内容に対する好奇心を増幅させた。

記者 : イ・スンロク