イ・ジフン、新型コロナウイルス感染症で苦しむ人々のため…約300万円相当の衣類を寄付

MYDAILY |

写真=JUPITERエンターテインメント
歌手兼俳優イ・ジフンが専属モデルとして活動しているブランドSebastian Golfと共に、新型コロナウイルス感染症の克服のため寄付に参加した。

18日、NGO団体ハートハート財団は「イ・ジフンとSebastian Golfが新型コロナウイルス感染症で苦しむ低所得層の老人と社会的弱者のため、3000万ウォン(約300万円)相当の衣類を寄付した」と伝えた。

この日に行った伝達式でSebastian Golfは、ハートハート財団に追加という形で寄付金を渡し、温かい雰囲気を演出した。

イ・ジフンは「専属モデルとして活動しているSebastian Golfと共に、意味深い寄付に参加することができて心より感謝する」と感想を伝えた。Sebastian Golfのキム・サンスン代表は「新型コロナウイルス感染症により、どんな時よりも厳しい時間を過ごしているはずの方々に役立ってほしい」と伝えた。

イ・ジフンはチョン・ジュナ、テイと一緒に患者たちのための慈善公演をはじめ、練炭ボランティア、ゴミ拾いチャレンジ、希望ブリッジ全国災害救護協会1000万ウォン(約100万円)寄付などに参加し、Sebastian Golfも2014年からハートハート財団を通じて韓国と海外の社会的弱者のため衣類寄付を続けている。

記者 : イ・イェウン