「天気が良ければ訪ねて行きます」ソ・ガンジュン、パク・ミニョンへの優しさと可愛い嫉妬に胸キュン

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=JTBC「天気が良ければ訪ねて行きます」放送画面キャプチャー
俳優ソ・ガンジュンが甘い眼差しと演技で目を奪った。

17日に韓国で放送されたJTBC月火ドラマ「天気が良ければ訪ねて行きます」でソ・ガンジュンは愛に下手なキャラクターを優しく描き出した。

同日の放送ではヘウォン(パク・ミニョン)に向けたウンソプ(ソ・ガンジュン)の細かな心配りと可愛い嫉妬が視聴者の胸をときめかせた。ヘウォンは家の修理が終わり、しばらく泊まっていたグッドナイト書店を離れることになり、ウンソプは外が暗いことを口実に、ヘウォンが家に帰る道とその時間を共にした。それだけでなく、夜道を歩くヘウォンを心配し、ウンソプは壊れた街灯を直して道を明るくした。自分のやり方でヘウォンが好きな気持ちを表現したのだ。

高校の同窓会の日、ウンソプはヘウォンが高校の同窓生ヨンウ(キム・ヨンデ)と一緒に来たと言うジャンウ(イ・ジェウク)の言葉に平気なふりをしてビールをがぶ飲みする小心者の嫉妬で笑いを誘った。結局、ウンソプの温かさはヘウォンの心を動かし、ヘウォンは「あなたが好き。イム・ウンソプ」と告白した。長い間片思いしたヘウォンからの予想外の告白を受けたウンソプの姿は、次の展開への好奇心を刺激した。

ソ・ガンジュンは表現が苦手で片思いばかりしていたウンソプがヘウォンに好きな気持ちを伝えようと努力する姿を繊細に描き、キャラクターへの没頭度を高めた。ヘウォンへの思いを込めたソ・ガンジュンの甘い眼差しとウンソプに完璧に入り込んだような演技はときめく感性に浸らせた。また、淡々としているが嫉妬を隠せない可愛い姿と、長い間片思いしてきた相手に告白されたウンソプの姿は、視聴者に温かい感性を届けた。

記者 : カン・ソジョン