BTS(防弾少年団) V、自作曲「Sweet Night」がアメリカでも大絶賛!“ドラマの人気を除いても大きな成果に”

TVREPORT |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団 Vの自作曲でJTBC金土ドラマ「梨泰院(イテウォン)クラス」のOST(劇中歌)「Sweet Night」が、アメリカのメディアでも好評を受けている。

13日(現地時間)、米「TIME」誌は「甘く苦いストーリーの癒やしとなったVの『Sweet Night』」という記事を掲載し、目を引いた。

「TIME」は「Vが作詞・作曲、プロデュースした『Sweet Night』は、甘いアコースティックギターの旋律と合う彼の深い歌声、温かいメロディーが印象的だ。英語で書かれた歌詞は、男性主人公の感情を上手く表現している」と報じた。

また「Vの『Sweet Night』は主人公の人生に温かさが満ちてほしいという希望を歌っている。コーラスと相俟ったVのハミング、囁くようなファルセットはより希望的な結末を予想させ、リスナーをリラックスさせる」と評価した。

写真=JTBC
他の米メディアである雑誌「TeenVogue」は「Vの曲とドラマが完璧に調和している」とし、「ドラマを除いても、今回のVの自作曲は彼が手掛けた音楽として大きな成果となるだろう」と分析した。

「Sweet Night」は公開と同時に世界のiTunesトップソングチャートで1位を獲得した。ヨーロッパのiTunesトップソングチャート1位をはじめ、78ヶ国のiTunesランキングで1位に輝いて大きな話題となっている。

防弾少年団 V、パク・ソジュンとの友情で歌った「梨泰院クラス」OSTが早くも大人気!音楽配信チャート1位を獲得

防弾少年団 V「梨泰院クラス」のOST「Sweet Night」本日発売…“パク・ソジュン兄さんのドラマに自作曲で参加できて嬉しい”

記者 : パク・ヒョンミン