イェ・ジウォン主演映画「彼女の秘密庭園」フィレンツェ韓国映画祭に出品

Newsen |

写真=映画「彼女の秘密庭園」ポスター
女優イェ・ジウォン主演映画「彼女の秘密庭園」が、「第18回フィレンツェ韓国映画祭」に出品された。

映画「彼女の秘密庭園」(監督:キム・インシク)は3月19日から27日(現地時間)まで、フィレンツェのラ・コンパニーア劇場で開かれる「第18回フィレンツェ韓国映画祭」に公式出品された。

「フィレンツェ韓国映画祭」は、イタリアに作品性のある韓国映画を紹介するために始まった。キム・インシク監督は、女優キム・ヘス主演のスリラー映画「顔のない女」で「第11回フィレンツェ韓国映画祭」に出品されて以来、今回が2回目だ。

映画「パラサイト 半地下の家族」「ブラックマネー」「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」「EXIT」など、韓国の観客たちに愛された作品が上映される中、イェ・ジウォンの新しいイメージチェンジと型破りなドラマの誕生を予告する「彼女の秘密庭園」は、多彩な魅力を見せる予定だ。

「彼女の秘密庭園」は、一人の女性チャン・ヒョンジェを同時に愛した二人の兄弟の危険なラブストーリーを描いた内容だ。17年前に兄ハン・ジャンソとヒョンジェは、お互いに結婚を約束した関係だったが、ジャンソの弟ハン・チュンソに会って以来、二人の関係はこじれてしまう。ヒョンジェはチュンソを選んだが、謎の死を遂げ、その後彼女の行方は分からなくなった。愛する女性と弟を亡くしたジャンソは、毎晩悪夢を見ながら日々を耐えていた中、ヒョンジェから一通の連絡を受け、彼女が何も言わずに消えた理由と隠したかった真実に出くわし、思いがけない展開が繰り広げられる。

イェ・ジウォンは、兄弟が愛した魅力的な女性チャン・ヒョンジェ役に扮し、イメージチェンジを図る。劇中でヒョンジェは兄ジャンソと結婚を約束したが、彼の弟チュンソに心を奪われてしまう。イェ・ジウォンは、兄と弟2人の間で葛藤するヒョンジェの複雑な感情を完璧に演じきって、観客に大胆な変身を見せる予定だ。4月に韓国で公開される。

記者 : ペ・ヒョジュ