チ・チャンウク&キム・ユジョン出演、新ドラマ「コンビニのセッピョル」SBS金土ドラマとして編成…6月に初放送

MYDAILY |

写真=sidusHQ、Gloriousエンターテインメント
キム・ユジョンとチ・チャンウク主演のドラマ「コンビニのセッピョル」の編成が確定された。

10日、SBSによると「コンビニのセッピョル」は6月に金土ドラマとして編成された。

「コンビニのセッピョル」は、4次元(個性が強く、ユニークな考え方を持つこと) のアルバイトとホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人)のイケメン店長が、コンビニを舞台に繰り広げる24時間予測不可能なラブコメディだ。コンビニを舞台に個性溢れるキャラクター、生活密着型のエピソード、若者たちの夢と愛などが加わり、視聴者に温かい感性と愉快な笑いを与える予定だ。

演出を担当したイ・ミョンウ監督は昨年、SBS金土ドラマ「熱血司祭」をヒットさせたことに続き、次期作「コンビニのセッピョル」もSBS金土ドラマとして披露することになった。今回はロマンスが加わった軽快なコメディ演出で、もう一度金曜日と土曜日の夜、視聴者に楽しいエネルギーを与える。

ここに「コンビニのセッピョル」はキム・ユジョンとチ・チャンウクが出演を確定し、さらに完璧な“興行ケミ”(ケミストリー、相手との相性)を完成させた。20代を代表する女優に成長したキム・ユジョンは、コンビニで夜間アルバイトをするチョン・セッピョル役を演じる。チョン・セッピョルは爽やかなビジュアルとは異なり、予測できない4次元性格のキャラクターだ。キャラクターの説明だけでもキム・ユジョンのハツラツとした変身が期待され、キム・ユジョンの多彩な魅力を見ることができると思われる。

チ・チャンウクはコンビニを運営するイケメン店長チェ・デヒョン役を演じる。チェ・デヒョンは気難しそうに見えるが、内面はマシュマロのように柔らかい男だ。“ラブコメ職人”チ・チャンウクは、抜群の演技力と視聴者の心を捉えるどんでん返しのホダンの魅力までを予告し、期待を高めている。

制作陣は「演技力と興行力を揃えた俳優と監督が会い、完璧なケミが完成した。私たちが日常で簡単に経験することができるコンビニを舞台に、温かい若者たちの愛と人間的なストーリーが描かれる予定だ。完成度の高い作品で視聴者に挨拶するまで『コンビニのセッピョル』への関心と期待をお願いする」と伝えた。

記者 : ミョン・ヒスク