アン・ヒョソプ「今は恋愛より仕事…異性よりは夢が大事な時期だと思う」

Newsen |

写真=Starhausエンターテインメント
俳優アン・ヒョソプが演技に意欲を見せた。

アン・ヒョソプは最近、ソウル江南(カンナム)区論硯洞(ノンヒョンドン)のあるカフェで行われたSBSドラマ「浪漫ドクターキム・サブ2」(脚本:カン・ウンギョン、演出:ユ・インシク、イ・ギルボク)放送終了のインタビューでプレッシャーが大きかった撮影の序盤から“信じて見る俳優”と呼ばれるようになるまでの過程について打ち明けた。

「浪漫ドクターキム・サブ2」の撮影序盤にプレッシャーが大きかったというアン・ヒョソプは「主人公だからというよりは役そのものがプレッシャーになった。台本を読んだ時、ソ・ウジンはとても魅力的で守ってあげたいし、たくさんのものを持っている人物なのに『僕にできるだろうか? うまく表現できなかったらどうしよう』というプレッシャーがあった」と話した。

今回の作品で見せた演技が好評を博したことも自身の演技を引き出してくれたユ・インシクプロデューサーのおかげだったという。アン・ヒョソプは「僕も知らない部分を引き出してくださることは、俳優の立場ではありがたいことだ。僕には現場そのものが学びの連続だった。時間的な理由もあるので僕がうまくできなくてもそのまま見過ごす現場も経験したことがあった。しかし、監督が僕を最後まで手放さなかったので成長できたと思う」と感謝の気持ちを伝えた。

その結果「浪漫ドクターキム・サブ2」の視聴者から“信頼して見る俳優”と呼ばれるようになった。アン・ヒョソプは信頼して見る俳優という修飾語について「同意はできない」としながらも「そのようなコメントを見ると元気が出る。以前は悪質な書き込みを見て苦しんだが、最近では事実であれどうであれ、良いコメントだけに目がいく。良いコメントを見ると励みになると思う」と話した。また「今回の撮影をしながら僕がやっている仕事がどれほど大事なのか改めて感じている。僕が幼い頃、芸能人やアイドルを見ながら感じた感情を僕があげることができるんだと思った。僕の行動や全てがもっと大切で慎重になる」と答えた。

ビジュアルについての賞賛はどうだろうか。「飽きたりはしないと思う。聞くと嬉しく、ありがたい」と言いながら恥ずかしそうに笑ったアン・ヒョソプは「個人的には僕のビジュアルがそれほど気に入っていないので『なぜだろう?』と思ってしまう。違うと反論するのもおかしいので感謝している」とし、「僕の顔をよく見てくださるか、そうでないかに関係なく、演技に一番重点を置こうとしている。ビジュアルについての評価とは別に、常に演技力が足りないと思っている」と語った。

恋愛よりも仕事を優先するアン・ヒョソプだった。彼は「仕事がとても楽しいのであまり恋愛のことは考えていない。今は異性よりは夢が大事な時期だと思う。その時になれば(異性も)やってくるのではないだろうか」とつけ加えた。

アン・ヒョソプに「浪漫ドクターキム・サブ2」はプレッシャーを吹き飛ばすと同時に演技力への好評、人気、内面の成長をもたらした作品となった。「浪漫ドクターキム・サブ2」の撮影現場について「不思議な現場」と切り出したアン・ヒョソプは「シーズン1の制作陣がそのままシーズン2も共にしてくれたせいか、家族のような雰囲気だったし温かかった。その方たちがいつも自信を与えてくれ、倒れても支えてくれた。そのような時間を5ヶ月間経験して自然に自信も持てるようになった。俳優としての姿勢や努力すべきこともたくさん学んだ。これからやるべきことがとても多いと思った」と特別な意味を説明した。

いつの間にか6年目の俳優になったアン・ヒョソプは「振り返ってみたら6年という時間が過ぎた。20歳の時に比べれば成熟した部分もあるが、成長すればするほど足りないところが見えてきてどんどん小さくなるような気がする。これからも癒しをあげられる俳優、学び続ける俳優になりたい。現在の状態に安住せずにずっと何かを探し、悩む過程を大切にする俳優になりたい」という願いを語った。

アン・ヒョソプ、ウインクをしたセルフショットに胸キュン…イケメンオーラ溢れる近況が話題に

アン・ヒョソプ、イ・ソンギョンとのキスシーンに言及「ワインを飲んでから撮影した」

記者 : パク・スイン