防弾少年団「人気歌謡」2週連続で1位獲得“意味深い最後の放送になった”

Newsen |

写真=SBS「人気歌謡」放送画面キャプチャー
防弾少年団が今週も1位を獲得した。

8日、韓国で放送されたSBS「人気歌謡」では、防弾少年団、Dynamic DuoのGAEKO、IZ*ONEが1位候補になった中、防弾少年団が3月第2週1位のトロフィーを獲得した。

DKBが「Sorry Mama」で「人気歌謡」の幕を開けた。AboutUは「私の飴誰が食べた?」で視聴者に強烈な印象を残した。Rocket Punchは「BOUNCY」でガールクラッシュ(女性が見てもカッコいい女性)の魅力をアピールした。

MCNDは「ICE AGE」で新人とは思えないパワフルなパフォーマンスと優れた歌唱力をアピールした。3YEは「QUEEN」で魅惑的なセクシーさをアピールした。SPECTRUMはグルーブあふれる「SHOWTIME」で視聴者の心を奪った。

写真=SBS「人気歌謡」放送画面キャプチャー
NCT 127はカムバックステージ前に「『英雄; Kick It』でカムバックするのが、とても嬉しい。2ndフルアルバムは計13曲の多様なジャンルが収められている。たくさん愛してほしい」とお願いした。NCT 127は「曲を聴くやいなや大ブレイクする予感がした」と自信を表した。

Cherry Bulletは「Hands Up」のさよならステージでも爽やかな魅力をアピールした。FIESTAR出身イェジは独特な傘パフォーマンスが際立つ「HOME」で、視聴者の視線を奪った。ELRISは爽やかな「JACKPOT」で存在感をアピールした。

今月の少女は「So What」で爽やかさを消して、カリスマ性をアピールした。IZ*ONEは「FIESTA」の一層成熟したパフォーマンスで1位候補ならではの底力をアピールした。DREAMCATCHERは「Scream」でダークセクシーの真髄を見せた。

PENTAGONは「Dr.ベベ」で華麗なパフォーマンスをアピールした。NCT 127は「Prelude」と「英雄; Kick It」で華麗なカムバックを遂げた。防弾少年団は「ON」でワールドクラスなパフォーマンスと歌唱力をアピールした。

この日1位を獲得した防弾少年団は「今日『ON』の最後の放送ですが、意味深い最後になったと思う。愛してるよ。ARMY」と述べた。

この日の「人気歌謡」にはDKB、DREAMCATCHER、Rocket Punch、防弾少年団、SPECTRUM、3YE、IZ*ONE、AboutU、NCT 127、ELRIS、MCND、FIESTAR出身イェジ、今月の少女、Cherry Bullet、PENTAGONが出演した。

写真=SBS「人気歌謡」放送画面キャプチャー

記者 : チ・ヨンジュ