防弾少年団「M COUNTDOWN」で1位獲得!健康サンダルを履いてセレモニー披露も“愛してます”

TVREPORT |

写真=Mnet「M COUNTDOWN」放送画面キャプチャー
防弾少年団が「M COUNTDOWN」Mnet開局25周年特集で1位に輝いた。

5日に韓国で放送されたMnet「M COUNTDOWN」で、防弾少年団は新曲「ON」で3月第1週目の1位のトロフィーを手にした。

メンバーのジンは「ARMY(防弾少年団のファン)の皆さんのおかげで1位になりました。(ここに)皆さんがいなくて悲しいですけど、こうやって僕たちの音楽とステージを見せることができて幸せです。ARMY、愛してる」と感想を伝えた。

SUGAは「ありがとうございます。1位です。健康に気をつけてください。ありがとうございます」と感謝の気持ちを伝えた。

防弾少年団は同日、健康サンダルを履いてセレモニーを披露し、笑いを誘った。

同日の「M COUNTDOWN」は、Mnet開局25周年を迎えて「Meet」「Play」「Connect」で構成された3つのテーマでスペシャルステージを公開した。

まず、1990年代から2000年代の名曲カバーステージが披露された。

VIXXのケンはBankの「手にすることのできない君」を自身の感覚で再解釈し歌った。KARDはRoo'Raの「秘密はない」「翼を失った天使」を、(G)I-DLEのミンニとミヨンはS.E.S.の「Be Natural」、GFRIENDのユジュはPanicの「待ちながら」を歌った。

Mnetで披露されてきた多彩なジャンルのステージも公開された。タイガーJKとBizzyはDrunken Tigerのヒット曲メドレーを歌った。ダンサーのJ-BLACKはSHINeeの「Sherlock」を自身だけのスタイルで披露した。Apinkのチョン・ウンジはYBの「君を送ってから」を爆発的な歌唱力でカバーした。

Mnetとともに成長してきたグローバルアイドルをカバーするステージも展開された。今月の少女(LOONA)はSUPER JUNIORの人気曲「Sorry Sorry」をカバーし、THE BOYZは東方神起の「呪文」をカバーした。

他にFIESTA出身イェジは「My Gravity」と新曲「HOME」で完璧なパフォーマンスを披露した。

DKBは新曲「Sorry Mama」でアクロバティックなダンス、息ぴったりの群舞など華やかな見どころで目を引いた。MCNDはデビュー曲「ICE AGE」で強烈なステージ、息ぴったりのダンス、歌唱力でモンスタールーキーならではの一面をアピールした。

ELRISは新曲「JACKPOT」を披露した。「JACKPOT」は爽やかでユニークなサウンドのダンスポップジャンルの曲で、愛を求める心を“JACKPOT”に例えた歌詞が印象的だ。

他にDREAMCATCHER、Cherry Bullet、PENTAGONなど多くのK-POPアーティストがMnet開局25周年記念「M COUNTDOWN」を華やかに飾った。

記者 : イ・ウイン