f(x) ルナ、ソルリさんと親友を失った悲しみを告白「誰かにとって慰めになれたら…」

TVREPORT |

写真=HUMAP CONTENTS
f(x)のルナが「ヒューマンドキュメンタリー 人が好き」を通して、ソルリさんと親友を失った悲しみを打ち明ける。

本日(3日)韓国で放送されるMBC「ヒューマンドキュメンタリー 人が好き」では、ルナの話が紹介される。彼女は子供の頃、父親の事業失敗で家計が厳しくなり、中学1年生の時に歌手の練習生生活を始めたという。

ステージの上では華麗なアイドルだが、家ではさばさばとして豪快な性格で「ルジュンマ(ルナ+おばさんという意味のアジュンマ)」の姿を見せる。ルナは双子の姉とルームメイトとして過ごし、愉快な日常を公開する。

写真=MBC
いつも明るくポジティブなルナだが、この1年間辛い時間を過ごし、口数が減って元気がなくなったという。昨年10月にはf(x)として一緒に活動したソルリさん、そしてその翌月には親友を失った。

大きな痛みを経験した後、彼女は「誰かにとって慰めになり、力になれればいい」と話し、曲を書きながら希望を見出しているという。

この模様は3日午後8時55分に韓国で放送される「ヒューマンドキュメンタリー 人が好き」で確認することができる。

f(x) ルナ、新曲「It Hurts and Hurts」生歌バージョンMV公開…原曲とは違う魅力

f(x) ルナ、ソルリさんへの想いを告白「ごめんね…本当に愛してるよ」

記者 : ソク・ジェヒョン